« この人の本が面白いらしい。 | Main | 戦争の目的は、 »

2008.02.13

オバマ、クリントン、マケイン

アメリカの リーダーシップを刷新する  バラク・オバマ


オバマ現象の射程と埒外


オバマの偽りの希望:なぜ私はオバマに投票しないか


ヒラリー・クリントンが語る世界を混乱に陥れたブッシュ外交

ヒラリー・クリントンの世界像


「ジェネレーションYの影響力」  冷泉彰彦


戦争屋マケインの精神構造


フォーリン・アフェアーズ Campaign 2008:米大統領選挙特集


色々に言われてるけれど、誰もがみんな戦争継続、新しい戦争を呼びかけてる。

|

« この人の本が面白いらしい。 | Main | 戦争の目的は、 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

オバマさん二題
オバマはチェイニーとブッシュの遠いいとこ
http://icke.seesaa.net/article/84032615.html

Posted by: katute | 2008.02.16 at 11:51 AM

米大統領選:ブッシュ元大統領がマケイン氏支持表明へ
http://mainichi.jp/select/world/america/news/20080216k0000e030012000c.html

マケイン大統領候補のベトナム地獄の黙示録
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20080211

Posted by: katute | 2008.02.16 at 12:51 PM

太田龍の時事寸評

ロンドン(シティー)は、ブルームバーグニューヨーク市長を米国大統領にして、以て、米国にラジカルなファシスト革命を実現せんとする(ラルーシュ、EIR)と。

更新 平成20年02月15日23時19分

平成二十年(二〇〇八年)二月十五日(金)
(第二千三百三十一回)

リンドン・ラルーシュ(EIR誌)は、米国大統領選挙にどう対応しようとして居るか。

ラルーシュの見方は次の通り。

ロンドン(シティ・オブ・ロンドン)陣営の本命米大統領候補は、ブルームバーグニューヨーク市長であると。

ブルームバーグは、億万長者大富豪としても知られて居る。

ロンドン(シティ・オブ・ロンドン)が実現しようとして居る、ブルームバーグ米大統領の任務、政策綱領、アジェンダは、ファシスト国家体制の樹立。と要約出来る。

ブルームバーグが米大統領に選出されるためには共和党、民主党の有力候補者、をすべて退場させなければならない。

この作戦の一環として、ブルームバーグ陣営は、今のところ最有力候補として登場しつつあるオバマに対して、特大スキャンダルを爆発させようとして居ると。

ここで、ラルーシュが、「ファシスト国家体制」と言うとき、それはムッソリーニによって打ち立てられた、古典的ファシスト国家の再現を意味する。

ムッソリーニのファシスト国家は、「コーポレート国家」である。

「一つのアメリカ」を呼号するオバマは、ファシスト国家への道の露払い、の役割を与えられている、と言っても良いであろう。

日本では、ムッソーリーニの「コーポレート国家」を「協同組合主義国家」とも訳したがこれは全くの誤訳である。

「ファシスト国家体制樹立」とは、米国憲法体制の完全廃止を意味する。

つまりこれは、ロンドン(シティ・オブ・ロンドン)によって操作された「革命」であり、「体制の抜本的(ラジカル)」変革以外の何者でもない。

「合法的」に、彼らは「革命」を実行しようと言う。

そしてその革命のリーダーは、米国巨大富豪として有名な、ブルームバーグニューヨーク市長、だと言う。

ラルーシュ派が問題とする、ブルームバーグを前面に押し立てた「米国ファシスト革命」(シティー製)の動きについては、今後、より詳しく見て行くことにする。
 (了)

Posted by: katute | 2008.02.16 at 12:57 PM

【最悪の選択】黒人オバマ大統領を選ぶアメリカ!?
http://anarchist.seesaa.net/article/84050814.html

Posted by: katute | 2008.02.16 at 12:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« この人の本が面白いらしい。 | Main | 戦争の目的は、 »