« 経済規模が小さいのは | Main | 読了『メタマス!』 »

2008.03.11

読了『輝くもの天より墜ち』


『輝くもの天より墜ち』
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
(ハヤカワ文庫 SF テ 3-6)

古典的なグランドオペラのように、美しい世界が、若干の違和感と共に、幕を開ける。 素晴らしい書き出し。 多くの登場人物がいるが、基本は、現地の3人に絡む人々である(危うくネタバレする所だった)。 続きには、ネタバレ要因があります。
読了後の疑問 ダミエム人は、美しいのか。 リニーは無事なのか。 コーはどうやってあんなに大量の情報を受け取ったのか。 ヴォヴォカは責任として自死したのか。

|

« 経済規模が小さいのは | Main | 読了『メタマス!』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 経済規模が小さいのは | Main | 読了『メタマス!』 »