« Rolf Lislevand:Nouve musiche | Main | Pram [Daerk Island] »

2008.03.26

どうしてチベット問題で熱くなってるんだろう?

これはどうしたことだ、今まで関心があったようにも思えないのに、なぜかブログ上では日本でチベット独立派が形成されたような勢いじゃないか。

中国共産党政府(中共)が憎いという発想も正直わからない。

現況で中国というシステムが崩壊する方が世界にとって、はるかに危険じゃないの?

世界の警察が言う民主主義ってのは、自主独立ではなかったように思ったけど。

いいや。じゃ、次はどこを独立させるんだ?その覚悟はあるのか?

なんだかもどかしいね。

ブータンの民主化ってのと比べて考えてるのかなぁ。

あるいはネパールのマオイストとか。

単純に、チベットのことは放っといてやれよ、て感じか?

わからん。民族や血統で独立して国家を形成するなんてのはロマンチックな夢でしかないんじゃないの?と思ってしまう。

世界の多極化なんて言葉は簡単だけど、大変だよね。

安全保障はどうする?細分化した隣と同盟なり結ぶのか?当分は鎖国するしかなくなるだろう、そうしたら。

。。。

|

« Rolf Lislevand:Nouve musiche | Main | Pram [Daerk Island] »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

仏教、特に密教は武装集団というか軍隊だったし、宝物殿に祀られてのは武具だし。
CIAの70年代予算から支援金を受け取ってたってのは統一教会並みのカルトと認識されたんだろうな。
すると、ダライ・ラマはマルクス主義者だって自己規定してるから二重スパイだったのかねぇ。

Posted by: katute | 2008.03.30 at 06:36 PM

実は、中国が必死な理由も判らない。

聖火が照らす北京の闇
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2008/04/post_24c0.html

Posted by: katute | 2008.04.07 at 11:56 AM

インドとの関係かな?
ブータンとかはうまく乗り切れたみたいだが。

Posted by: 本人 | 2008.04.07 at 12:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Rolf Lislevand:Nouve musiche | Main | Pram [Daerk Island] »