« 米政府政策転換? | Main | 電車内と駅の風景 »

2008.04.29

中国ボイコットのなぜ?

米国が戦争を止めないのも駐留を止めないのも、帰還兵の経済予算が国内を圧迫し破綻させかねないと考えるからではないかと思う。
日本が忘却しようとする、戦後引き上げ者の処遇と政治家たちの無策から国民が植えて社会運動に目覚めた歴史を思い出せば良い。
そうすると新たな駐留基地設営のための工作とも考えられる。使い古されてきた、お馴染みの国内情勢安定のための駐留軍。
おまけに、中国株は底値だとジム・ロジャースは買い捲ってるそうじゃないか。
チベット問題は、ダライ・ラマ14世が言うように、中国が世界に向かってスマートにチベットを配下にして見せる、大国へ向けて国際社会デビューの通過儀礼と考えてたけど、それだけじゃないのかも知れない。

|

« 米政府政策転換? | Main | 電車内と駅の風景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

チベット問題の由来:廉徳瑰
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51130222.html

中国駐ニューヨーク総領事館の チベット族の領事がダライラマの正体を暴く
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2008-05/06/content_15087135.htm

Posted by: katute | 2008.05.11 at 01:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/41076887

Listed below are links to weblogs that reference 中国ボイコットのなぜ?:

« 米政府政策転換? | Main | 電車内と駅の風景 »