« 読了『おもてなしの経営学』 | Main | 自社製品のプロモーションを »

2008.04.23

日本的司法の心理学

被告への追及は書類処理のために行うのかと思えてしまうのが日本的司法だ。
なので警察は通報事項の報告の為にこそ動く。
被害者の味方なんて存在しない。

この事件では被害者遺族と加害者の父親が同僚ではなかったか。
加害者は己が父親との対話を望んでいるのではないか。父親の気を引く為の犯行だろう。
そんな幼稚なと思うか?そんな幼稚なことがこの間に証明されているし、それを助長してきたのが日本的司法による過保護だったことも見てきた。

犯行の再現にこだわり、殺意の有無を問うてきたが、そもそもの犯行動機が曖昧で加害者の目的が解明されていない。この状態での処罰は的外れになり再犯を呼ぶのではないか。

【死刑判決で弁護団(1)】「裁判所は被告人の心を完全に見誤った」

判例を残すという議論に摩り替わってる。大人たちの入れ知恵でここまで生き延びてはきたが、この先に救いは存在しないだろうし、謝罪も口にしないだろう。
そう仮定する理由は犯行動機と思える「父親の気を引きたい」にある。
が、父親は加害者を見放し死刑を望んだと聞く。それは加害者を思ってのことではなく、父親の保身から出た判断と思える。このように加害者の心は永遠に失われ今後も本心を見出す事は亡くなってしまったのだ。

死刑の是非は司法に代表される国の権威を護る為の議論でしかなく、被害者やその遺族、さらには加害者やその遺族、他関係者らが心安らかに暮らす心を取り戻す手助けになっていない。
これでは何の裁判か。事件により人生を奪われた関係者らの悲劇は永遠に終わらない。

|

« 読了『おもてなしの経営学』 | Main | 自社製品のプロモーションを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/40985155

Listed below are links to weblogs that reference 日本的司法の心理学:

« 読了『おもてなしの経営学』 | Main | 自社製品のプロモーションを »