« 『ラヴェル 生涯と作品』 | Main | ラヴェル評伝を読んで »

2008.05.19

《高雅で感傷的なワルツ》の

概念はシューベルトに、このパッセージの和声はベートーヴェンに、そしてリズムはショパンに由来する。

この一文だけでもオレンシュタインを読む価値がある。例えばシルヴェストロフのピアノ音楽。
それにもましてラヴェルの美学を再認識した。忘れていたポーやボードレール、マラルメの美意識。そうでした。

|

« 『ラヴェル 生涯と作品』 | Main | ラヴェル評伝を読んで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/41337793

Listed below are links to weblogs that reference 《高雅で感傷的なワルツ》の:

« 『ラヴェル 生涯と作品』 | Main | ラヴェル評伝を読んで »