« 現在の読書テーマ | Main | SONGS OF DEFIANCE »

2008.07.06

銀河巡礼《北半球の星空》

エストニアの作曲家ウルマス・シサスクの星座シリーズ。
7月2日の演奏会では作品よりも演奏技術が気になった。
特にペダルと打鍵による持続音の違いやペダル踏み替え。
指使いには観て美しい箇所もあり素晴らしい発想だった。
作品に疑問を持ったのはダブルバーの正当性についてだ。
即興のような情熱的な演奏を要求しながら冷静さが要る。
正確な技術に裏打ちされた演奏が必要で技巧はその延長。
その辺りが特別に現代的な作品としてのスタンスとなる。
今回シサスクの優しさを出した演奏を聞いたように思う。

俳優である語り手が作品に付されたテキストを朗読した。
とても愉快な印象のピアノ演奏なんて払拭しそうだった。

「銀河巡礼」として日本国内盤CDが発売されたので、この名称が定着してしまったが、作者の意図と異なるタイトルだろう。
「南半球」はフィンランディアとワーナーの契約の隙間だったのか廃盤のままだ。


バインマー(ラウリ)『シサスク:P曲集《銀河巡礼》』


(これか?)

|

« 現在の読書テーマ | Main | SONGS OF DEFIANCE »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀河巡礼《北半球の星空》:

« 現在の読書テーマ | Main | SONGS OF DEFIANCE »