« 雑感 | Main | 阿呆ネタ »

2008.08.06

読了『ウォール街のランダムウォーカー(原著第9版)』

ウォール街のランダムウォーカー(原著第9版)を読み終える。
ここまで定期的に改訂し続けるのは素晴らしい。

結論は簡単。投資したければ、全世界に投資しろ。
前提は、世界全体の発展を信じる。感情よりも科学を信じる。

以下はその説明を行う本書から、私がそうかと感じたこと。

ファンダメンタル対砂上の楼閣(前者は計算不能、後者は心理的要素の取込み、美人投票か、間抜けが無限に供給される前提、無意味)
柱は、効率的市場仮説と、現代ポートフォリオ理論
割引の発明、バブルの解説、会社合併による株価操作の説明、エンロンで詐欺行為摘発に協力したミンコウの波乱の半生(詐欺的起業家から、牧師、摘発者)、メディア。効率的市場仮説の3タイプ、ウィーク、セミストロング、ストロングの説明。
163:成功の3つのルール。
アナリスト。マーケットタイミング戦略への批判。
マーコビッツの現代ポートフォリオ理論。
アナリストの意見の不一致もリスクの高さの尺度になりうる。
行動ファイナンスの4つの要因。
『ポーカーのテーブルでカモが見つからない場合は、すぐに立ち去れ。その時は、自分がカモなのだ』
325:損している株を売れ、とか有益。
336:月曜効果の否定。グッチさん、お願いしますよ。古典に否定されてるじゃん。
342:『期初配当利回り重視』戦略
352:バリュー株戦略(どれがバリュー株なんだ)
インデックスファンドで決定。配分は橘怜でも同じ。
リスクを取りたい場合は、インフレいる付を差し引いてからの余裕でやってみること。

|

« 雑感 | Main | 阿呆ネタ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/42083226

Listed below are links to weblogs that reference 読了『ウォール街のランダムウォーカー(原著第9版)』:

« 雑感 | Main | 阿呆ネタ »