« プライズ | Main | マイケルルイス、随時掲載らしい »

2008.10.27

読了『ジョブズはなぜ天才集団を作れたか』


ジェフリー・L・クルークシャンク『ジョブズはなぜ天才集団を作れたか (講談社BIZ)』


図書館で借りた。
アンディ ハーツフェルド『レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏』を読んでから、こっちを読むと、幻想が崩れて面白い。スコット氏やスカリー氏のCEO時代が悪化の一途だけではなかったとか、マークラ氏の功罪とか。それ以外では、細かい突っ込みどころが無いでもないが、それは、まぁ、いい。
ここで不思議な感じがするのは、Apple社って、誕生の時から見ると、まるで別物な事。
やはり、Macと共に、新しく生まれたもんだろ、今のは。だから、Jobsの会社なんだな。
ところで、この本には首尾一貫した主張は無い(訳者解説でもそう書いてある)が、それは問題ではないのだ。アップルフリークに、外からの視点を与える書だからね。これくらいで十分。それでは、ごきげんよう。

|

« プライズ | Main | マイケルルイス、随時掲載らしい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

この著者の苗字、猫の名前かと思った。

Posted by: 金さん | 2008.10.27 06:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『ジョブズはなぜ天才集団を作れたか』:

» ジョブズはなぜ天才集団を作れたか (講談社BIZ) [書評リンク]
書評リンク - ジョブズはなぜ天才集団を作れたか (講談社BIZ) [Read More]

Tracked on 2008.10.28 10:20 AM

« プライズ | Main | マイケルルイス、随時掲載らしい »