« CD試聴紀 | Main | 読了『すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた』 »

2008.11.24

読了『欧米クラブ社会』


木下 玲子『欧米クラブ社会』


読む順番を間違えた。
3部作の締めくくりなのだが、順番を間違えた。2番目のプライズを読んでない。
本質的には、弊社社会への突撃体当たりインタビューなのだが、流石に、上品で、スマート。
一部、クラブ社会じゃないものが入り込んでいるのは、意図的な策略か。

欧米クラブ社会: 木下 玲子: Amazon.co.jp: 本より引用:目次



1 バーニング・ツリー・クラブ
2 ダボス会議
3 日米欧委員会
4 ナショナル・ギャラリー
5 香港華僑パワー・エリート
6 ナショナル・セキュリティ・アーカイブ
7 ホワイトハウス・フェロー
8 ロイヤル・ジオグラフィカル・ソサエティ(RGS)
9 国境なき医師団
10 アメリカズ・カップ
エピローグ 日本に欠けているパワー

amazonでは、変な評価をしている人もいるが、これが、bookoffで105円と言うのは、激安では。

マロンのスタイルが(『銀スプーンをくわえて生まれてきて』なんて言う自伝を書いてはいるが)上流の証だろう。

後は気になった事柄だけ。

日米欧委員会の58、「シモーヌ・ヴェイユ」元フランス厚生大臣とあるが。あの?

マロン家が、ナショナルギャラリーをFDRに進言して、自分のコレクションと私財を投じて、創設ということ。

77ページのヤオハンの『アジア人のためのスーパーマーケット』のコンセプトは良かったが、実践がダメだろう、乗っ取られたし。

ホワイトハウスフェローの138の「政治家を信じられるようになったといえばナイーブに聞こえるかもしれませんが」と言うのは核心の発言だと思う。

『インディ・ジョーンズもRGS(ロイヤルジオグラフィカルソサイエティ)のフェローだったのか』か。閉鎖的。
NGS(ナショナルジオグラフィカルソサイエティ)の会長、ギルバート・グロブナー(グラハムベルの曾孫)。開放的、と言うか、いわゆる、楽天的科学主義と言うか。
国境なき医師団(MSF)。相手を理解する事が重要なのだと。インスティテューションにならずに、ヒュマニタリアンによるムーブメントのままで、というのは難しい道だ。
184の離脱した創設者(政治家)クシュネルの「いつまで一時しのぎを続けるのでしょう、私たちは」。これは、全市民に向けられたとも言える。

アメリカズカップの始まりが、イギリス(ヴィクトリア女王)がアメリカの造船技術を盗もうとしたと言うのは、ううむだ。負け上手と誉れの高い、リプトン卿(あの紅茶王)はアイルランド系スコットランド移民から、アメリカでビジネスを身につけた叩き上げの貿易商(セイロンからの紅茶輸入で当てた)で、爵位を得た。

|

« CD試聴紀 | Main | 読了『すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

有名な「シモーヌ・ヴェイユ」は二人いる。wiki参照のこと。

Posted by: katute | 2008.11.24 12:27 PM

こっち

Posted by: 本人 | 2008.11.28 02:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『欧米クラブ社会』:

» 欧米クラブ社会 [書評リンク]
書評リンク - 欧米クラブ社会 [Read More]

Tracked on 2008.12.30 11:48 PM

« CD試聴紀 | Main | 読了『すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた』 »