« Danielle Dax | Main | 読了『やさしいベイトソン』 »

2008.11.12

羨ましい「在日朝鮮人特権」

先月29日の新宿商工会などへの捜査、何で経済事件で公安なの?と考えてみる。

警視庁公安部

組織や宗教団体(カルト?)による犯罪という認識かな。

2006年度申告分への捜査ってなると、事前に日時が決められていたからそれまでに話し合いの機会は普通持てるのが税金申告上の手続き、でも時間が空き過ぎ。

(たいていは、見解の相違くらいで追徴課税されるか、時たま、課税額が異常だから法廷で争うか、どちらか。捜査されるってのはかなり追いつめられた状態。でも逮捕じゃないんだよね。)

それに商工会側も、捜査当日にプラカードを持って人員動員てことは、この日に来てくださいの構えで捜査されるように持ち込んでると考えて構わないような気もする。

そう考える方が自然だから、この捜査も抗議もヤラセっぽい。

(社会党があった頃は日本は実質二大政党制で、自民党と社会党の国対委員長らで話し合って儀式としての政治を行ってたのはまだ記憶に新しい。)

なぜそう思うかというと、総連側の対応が早いようで時期を逸してなされるから。
違法だというなら、負けじと第一声が当日報道されるべき。
当局の出方を受け止めてだろうと、そうコメントは出すべき。
こうした争議は結構な歴史を刻んでるのに戦術が確立していないなんてオカシイ。
戦う者の心理として、本気で勝とうとしてないのかも知れない。

思えば、無資格で税理士業務を行った疑いという捜査、パチンコ業の西日本方面から始まった総連潰しに若干の遅れをとりながらも北上中。
何が狙いかは知りませんが、在日の資産を巻き上げる方法としての機能があるのかも知れないなぁと考えてしまうのは、下記リンクの「在日朝鮮人特権」を見たため。

朝鮮総連傘下団体を家宅捜索 税理士法違反容疑で警視庁

昔ナチに追われるユダヤ人が、ナチの宣伝文を読んで驚いたというのは、今でも世間で流布してるユダヤ陰謀説が唱えられてたからで、そのユダヤ人曰く、俺たちはそんなに大きな力を持っていたのか!と驚嘆。

ついでに考えると、「無資格で税理士業務を行った疑い」というのと「裁判員制度」は何が違うのかサッパリわからない今日この頃。

|

« Danielle Dax | Main | 読了『やさしいベイトソン』 »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

【総連事件「相棒」激白(6)完】口裏合わせ「100%ない」…詐取の犯意重ねて否定
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081110/trl0811101359012-n1.htm

Posted by: katute | 2008.11.13 at 10:15 AM

「日本独自にテロ支援国家指定」 民主党対策本部の北制裁原案が判明
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081102/plc0811022035003-n1.htm

Posted by: katute | 2008.11.25 at 03:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/43090906

Listed below are links to weblogs that reference 羨ましい「在日朝鮮人特権」:

« Danielle Dax | Main | 読了『やさしいベイトソン』 »