« 読了『数学ガール/フェルマーの最終定理』『パワー (西のはての年代記 3)』 | Main | Danielle Dax »

2008.11.07

『獅子座の女 シャネル』

ポール・モラン『獅子座の女シャネル』
ポール・モランがかつて書き留めた言葉を再構成したシャネルの伝記。
まえがきで未知の人モランの情熱に、その目にうっすらと涙さえ浮かべている自分に驚くのだ。
そうして読み進めるシャネルの言葉はさながらアフォリズム。
21章「モードについて」はすべての行を書き写さずにいられない、いや、諳じてしまいたい衝動さえ押さえるのももどかしい、ほどだ。

この本の仕掛けははじめに書いたとおり。もうひとつ加えるなら翻訳者による再構成が行なわれて読みやすい日本語へと仕立て上げられていること。
そこから先は読んだ人にだけ判る。
ポール・モラン、只者ではない。

|

« 読了『数学ガール/フェルマーの最終定理』『パワー (西のはての年代記 3)』 | Main | Danielle Dax »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

この本でポール・モランはナボコフの”偽手記”技法を使ってると喚起しよう。

Posted by: katute | 2008.11.13 04:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『獅子座の女 シャネル』:

» 獅子座の女シャネル [書評リンク]
書評リンク - 獅子座の女シャネル [Read More]

Tracked on 2008.11.11 07:22 PM

« 読了『数学ガール/フェルマーの最終定理』『パワー (西のはての年代記 3)』 | Main | Danielle Dax »