« 読了『数学迷宮』 | Main | メタ×メタの色々 »

2008.11.14

読了『マネーカルチャー』

マイケル ルイス『マネー・カルチャー』
旧世界、新世界、別世界と、欧米日の金融情勢を実地の知見と鋭いユーモアで切って見せる経済エッセイ。バブルの崩壊や、高度な金融トリックによる虚業を暴く筆はスッパリときれいで、しかも、納得の出来。特に、関東での大震災の結果、何が起こるかを、日本のアナリスト二人の論文から世界経済への打撃を描く章が面白かった。
これが、10年前の本なんだから。
個人や企業名、後少し業界を入れ替えると、そのまんま、今である。
ところで、訳者後書きに、日本を舞台にしたフィクションが予定されているってあるけど、なんだ?

|

« 読了『数学迷宮』 | Main | メタ×メタの色々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

「日本のアナリスト二人」のうち一人はヒットしないし、防災課長(?)は悪しき官僚の標本として晒されてるようだ。
なので、小説を書くというのは間違いで、収録した論考で十分じゃないか、あるいは今回の金融危機とやらをまとめて書き下ろしてくれるのでは?

Posted by: katute | 2008.11.17 12:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『マネーカルチャー』:

» マネー・カルチャー [書評リンク]
書評リンク - マネー・カルチャー [Read More]

Tracked on 2008.11.18 08:46 PM

« 読了『数学迷宮』 | Main | メタ×メタの色々 »