« CD試聴記 | Main | 企業擁護論は流行らないのか? »

2008.12.27

帰国事業の日本側の思惑のようにも、

日本政府が行ってきた開拓団事業とあわせて考えると、そう言っても無理のない発想に思えてくる。
私が勝手にそう思い込もうとしてるだけかもしれないが。

以領土の変遷
未来は秘密なんかじゃない
http://icke.seesaa.net/article/111619902.html

|

« CD試聴記 | Main | 企業擁護論は流行らないのか? »

」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

確かガザ侵攻はハンチントン死亡とともに伝わってきた。
歴史の皮肉かと思ってたらガザ沖のガス出んが、というニュースも伝わってきた。
ハマスのロケット弾というのはアスファルト道路を焦がすのがせいぜいの脆弱なものだったらしいのに、残虐行為を繰り返すのは反撃を呼ぶのが目的だろう。

Posted by: katute | 2009.01.11 at 02:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/43656435

Listed below are links to weblogs that reference 帰国事業の日本側の思惑のようにも、:

« CD試聴記 | Main | 企業擁護論は流行らないのか? »