« 見ることを疑え | Main | 読了『わが夢の女―ボンテンペルリ短篇集 (ちくま文庫)』 »

2008.12.01

考え方を迷ってる。

先日送った経済制裁と「悪の枢軸」ロビー活動の後に、こんなニュースを読んだから気懸りでね。

2025年、国民国家システムは消滅 米情報機関が予測

NIC報告書要旨

何故って、そういう方向へ持っていこうとする勢力の企画案が出てるようなものだからね、こういう報告書って。

浜田和幸『アフガン暗黒回廊』の序章から引用。
「ソ連の祖国侵略に抵抗し、ソ連軍を追い返したタリバンに共鳴していたザルメイは、パイプライン計画がアフガンの経済復興にも役立つと思い、ユノカルとタリバンの橋渡しに大いに協力したようである。(略)
アメリカ国籍を取得したのも、「祖国アフガンのためにアメリカ政府を動かすため」との思いを秘めていたザルメイ・カリルザード。最後に会った時、彼は、「タリバンはイスラム原理主義の過激派とは違う。彼らの考えはイランとはまったく別で、はるかに柔軟性がある。話せば判る連中だ」といっていた。
 その彼がアフガン戦争が始まると、タリバン打倒の急先鋒になった。(略)
ドイツのボン近郊で開かれた国連主催のアフガン主要四派政治協議の場でも、ザルメイの活躍が目立った。(略)そのなかで、ブッシュ大統領やライス大統領補佐官の意向を受けてであろうが、ザルメイの強行姿勢は周囲を驚かせたようである。
その後、事前のシナリオ通りというべきか、2001年12月31日、ブッシュ大統領はザルメイを新生アフガニスタンにおける初代大使に指名した。」

そのためのこうした人材が発見発掘されるのにも時間が掛かるだろうけど、資源収奪の手段が戦争という経済を生み出すのなら「待ったナシ」だろうけど。

それにしても、国民国家がなくなるってホントに書かれてるんだろうか?

|

« 見ることを疑え | Main | 読了『わが夢の女―ボンテンペルリ短篇集 (ちくま文庫)』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

気に入らなければ消してくれて良いので10/26の「先日送った」を以下に。
==================================

ロビー活動について

近藤大介『北朝鮮を継ぐ男 革命家・朴甲東の80年の軌跡』をちょうど読み終えた所に、こういうコラムがあった。

北を「悪の枢軸」と呼んだ米国(上)
http://www.chosunonline.com/article/20081020000065

本自体は、著者が聞き書きしてまとめたので、歴史の傍流といった印象しか残らないので読む必要はないけれど。
どうやって組み込まれたか、そのプロセスの一部始終(?)をエピローグから。

(以下引用)
 1997年以降、甲東は三度、訪米した。一度目は、97年9月に、「コングレッショナル・メダル・オブ・オーナー・ソサイエティ」(米議会が授与する米国最高勲章受賞者の会)から招かれて、クリントン大統領のお膝下、アーカンソー州リトルロックに赴いた。甲東は朝鮮戦争に参加した退役軍人らを前に、金日成独裁政権の非道ぶりを訴え、参加していたヒラリー夫人にも挨拶した。
 二度目は、韓国に親北的な金大中政権が発足した翌98年のきゅうがつ、のちに大統領となるブッシュ・テキサス州知事の顧問弁護士をつとめるジョン・カーボー氏の招待を受けた。甲東は、カーボー氏の紹介で、ジェシー・ヘルムズ上院外交委員長、国防総省コリアデスク、ヘリテージ財団幹部、『フォーリン・アフェアーズ』『リーダーズ・ダイジェスト』の編集長ら二十数名と面会し、つぎのようなことを訴えた。
 ・こんにちの北朝鮮の惨状は金日成・金正日父子の半世紀にわたる失政の所産であり、北朝鮮のソフトランディング(軟着陸)は絶対に不可能である。
 ・アメリカは、民主化の程度が中国やミャンマーとは比較にならない最悪の状態にある北朝鮮に対してこそ、人権問題を追求すべきである。
 ・北朝鮮との外交交渉は、ギブ・アンド・テイクではなくテイク・アンド・ギブでないと主導権を握れない。
 ・キューバの亡命団体同様、朝鮮民主統一救国戦線を北朝鮮の亡命団体であると認識してほしい。
 三度目は、2001年1月20日のブッシュ大統領就任式典及び夜会に招待を受けたのだった。政権内の朝鮮半島担当者らが口々にいったのは、「八年間、北朝鮮に好き放題にされたので、外交方針を全面的に見直したい」ということだった。甲東は、ようやく北朝鮮という国の本質を見抜く米政権が誕生したと感じた。2002年に入ると、ブッシュ大統領が議会で、北朝鮮をイラク、イランとともに「悪の枢軸」と名指しして非難した。
(引用終わり)


不思議なことに朝鮮新報社で機関紙発行していた。
そして機関紙を富士見町が検閲するようなことがあって、新報社との取引が切れた後に、暴漢に襲われ事務所が放火される。

そうしたことを含めて、朴甲東については日本語情報もあるのでググると出てくる。

北を「悪の枢軸」と呼んだ米国は、朝鮮民主統一救国戦線のロビー活動に押されたと考えて差し支えないだろう。

で、気を付けたいのは、クリントン政権は北朝鮮への核攻撃を辞さなかったこと、だ。

Posted by: katute | 2008.12.15 11:11 AM

オバマ氏狙った金総書記、「音楽政治」稼働へ
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=108759

Posted by: katute | 2008.12.15 03:45 PM

http://www.koreasociety.org/

http://www.icasinc.org/

Posted by: katute | 2008.12.15 04:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 考え方を迷ってる。:

« 見ることを疑え | Main | 読了『わが夢の女―ボンテンペルリ短篇集 (ちくま文庫)』 »