« 秀作 | Main | CD試聴紀 »

2008.12.08

読了『容疑者ケインズ』


小島 寛之『容疑者ケインズ (ピンポイント選書)』

小島寛之『容疑者ケインズ』の順番が来たので、これを読む。
これは、小島さんが傾倒して、とうとう、経済学者になってしまった、そのケインズの業績を一般理論、不況理論から、確率論、選好理論まで分析した本(私が分類を間違えたかも)。
ブログ掲載記事の増補改訂版だが、よくまとまっていて、また、膨らませた部分が大変面白い。この人の本や小野さんの本は、色々読んできたので、よく判る(判り過ぎて、影響受け過ぎかとも思う)。また、個人的には、『増補改訂版』という本が一番速く読めるように思う。

『ケインズは死んだ』と言われる、その一般理論については、杜撰な展開で肝心な事が後世に伝わっていないと言う。
乗数効果は存在しない、但し、税金を使って、納税出来ない人々(失業者)に所得移転すると、その場合に限っては、全体の所得が増えると言う。この部分は、注釈でしか書かれていないため、今のケインズ理論からは省かれてしまっているそうな。

小野氏の不況理論。これで決まりかな。

ナイト流不確実理論
生前、ライバルだったのか。理論としては似た者同士のだったためか、かなり対立していたらしい。確率がハッキリ判る壷とハッキリしない壷との比較で、人の行動をどう理解するかのエルスバーグの実験。株価の上昇が遅くて下降は急激な理由とか。

エコノフィジックスからのバブル理論へのアプローチ、土地価格分布のジニ係数(不平等度)による計測で、過去の1980年代の土地バブルを判定出来た。

チャート分析をするノイジートレーダーの存在。グロスマンとスティグリッツの証明、均衡を探す、全員が調査を完璧に行うのと、全員が全く調査無しででたらめに行うのとの、どこか間に、均衡がある筈。つまり、ノイジートレーダーの存在も証明された。

グルとペッセンドルファーによる誘惑(先行)のメカニズムの解明。選好のセットで比較していると。+だけでなく、-になる効用関数の組み合わせで考察する。余計な考察をするコストを排除するために、コミットメントの効能を指摘。

これの応用に、ジョイスの小説で、何故、「イーヴリン」が駆け落ちをドタキャンしたかを考察した論文がある。

後書の、ケインズを優れたアイデアマン、実務家、と捉えて、原石を磨く事を提唱。これがこの人なりのケインズ理論への決着との事。
さて、後書き中の、『夢を語る人がいなければ、何も生まれないのだから』は、トインビー・コンベクターそのものではないか(ここは私にしか判らない個人的メモ)。
薄くて、手軽に読めるけれど、しっかりと身になる栄養が詰まっている。

|

« 秀作 | Main | CD試聴紀 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『容疑者ケインズ』:

» 容疑者ケインズ (ピンポイント選書) [書評リンク]
書評リンク - 容疑者ケインズ (ピンポイント選書) [Read More]

Tracked on 2008.12.20 10:19 PM

« 秀作 | Main | CD試聴紀 »