« クルーグマン & M・ルイス | Main | 購入本 »

2009.01.09

読了『ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書)』


青柳 いづみこ『ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書)』

年末に風邪を引いている最中に読んだので、忘れていた。
のだめピアノの森神童を題材に、実際のクラシックの音楽家がどれだけ大変か、古今の巨匠の逸話だけでなく、現役の同僚達の状況、その練習やコンクール、コンサートでの心労、それらを含めた全体での経営収支等を、当事者が面白可笑しく書いている。
著者自身、最近まで、確定申告しても、課税すらされなかったのが、現実。業界全体では、既に、崩壊していてもおかしくない、赤字市場なのだ。
のだめの『不良債権』呼ばわりは、適切な表現なのだ。
好きな事をやる代償がこれ。
肝に銘じて、きちんと聞こう。

さて、雑談。しばらく前に、『頭が良いのにいい事はなかった(学校で虐められてた/爪弾きにされていた)』とかの議論があったが、音楽家(特にクラシックの)は、成功してもサラリーマン(肩書き付きくらいか)並みだったりするのだから、何をか況やである。
頭が良いと言うのは、範囲が広過ぎる。
勉強が上手って言うのも、それだけの事。
本当にやりたい事でなければ、やらなければ良いだけ。

|

« クルーグマン & M・ルイス | Main | 購入本 »

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書)』:

» ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書) [書評リンク]
書評リンク - ボクたちクラシックつながり―ピアニストが読む音楽マンガ (文春新書) [Read More]

Tracked on 2009.01.20 09:24 PM

« クルーグマン & M・ルイス | Main | 購入本 »