« 読書中メモ | Main | 読了『貧困のない世界を創る』 »

2009.02.07

読了『音楽療法士のためのABA入門』


中山 晶世; 竹内 康二; 二俣 泉『音楽療法士のためのABA入門―発達障害児への応用行動分析学的アプローチ』

良い本だ。もっと早く読んでいれば良かったと思う。
音楽療法士の二人が、別々の道を通って、行動分析に出会い、行動分析家も音楽療法の有効性を認めた結果、この本になったのだと思う(そう書いてある)。

以下は、感想というより、ノートのようなまとめになってしまう。

目次
はじめに
第1章 発達障害児を対象とした音楽療法
 発達障害児を対象とした音楽療法―2つの立場
 ABAアプローチの音楽療法
第2章 音楽療法におけるABAアプローチ
 ABAアプローチとは
 レッスン1―ABC分析
 レッスン2―アセスメントの実施とプログラム作成
 レッスン3―機能分析による問題の解決
 レッスン4―行動の増加から行動の形成へ
 ABAアプローチのポイント
第3章 事例
 こだわりが強い子の場合
 聴覚過敏の子の場合 ほか、合わせて11例
第4章 行動の記録と分析の具体的方法
 記録と分析の実際―しょうた君の場合
 行動を記録することの目的と方法
 行動の記録をグラフにする
 アプローチの効果を検証する
 アプローチの効果を関係者に伝える

初めに、ノードフ・ロビンス音楽療法等のと断りを入れた上で、音楽療法の現在のやり方の利点とその限界を示すが、著者の一人は、ノードフ・ロビンス音楽療法の専門家であるのだから、説得力がある。

音楽療法の2つの立場。音楽経験そのものを重視。その限界について。第2の立場「日常生活でも役に立つ事を重視」。音楽療法ならではの領域、社会的行動と音楽行動の交差領域で、働ける。行動を引き出す技術、社会的行動の改善、余暇のスキルとして。
逆算出来る人が、音楽療法のプロ。(結果を導くための)予測と(結果に到る計画のための)逆算がプロの仕事。これはそうだ。

ABAアプローチについてのまとめが載っている。
 子どもを悪者にしない
 現場の観察を重視
 具体的な方法を開発する
素晴らしいまとめだ。

仮想のストーリーを使って、ABAアプローチを紹介する。
ABC分析
アセスメントとプログラム作成(アセスメント、プログラム作成、セッション実施、評価がループする)
機能分析による問題の解決
 行動の機能(何故その行動が起こるのか)を分析。要求、逃避、注意引き、自己刺激の4つに分類。
 競合行動の形成(問題と競合する行動を形成して問題を起こさせない)
  問題行動の機能分析
  注意引きへの対応(放っておく時間を短縮する、大袈裟な対応を避けて、数秒経ってから静かに指示する。これで、注意引きの機能を奪うのだが、十分とは限らないので、競合行動の形成が必要)

問題行動をメッセージと捉え、機能分析でその意図を読み取る努力をする。その意図を実現する、より適切な方法(代替行動)を教える。
行動の増加から形成へ(ある行動を形成したいなら、まずその行動を十分な頻度で生起させておく必要がある)。幼児の音声指導でもよく用いる、意味が無くても、発声行動を十分に増やすようにするのが先決。よく褒める。

ABAアプローチのポイント
 ABC分析で行動の原因を分析する
 強化及び強化子という考え方
 標的行動を決める(具体的に)
 子どもの行動の記録データを重視する
 般化を目指す
 問題行動を機能分析する
  要求、逃避、注意引き、自己刺激が代表的な4つ
 競合行動や代替行動の形成で問題を改善する
 行動を増やしてから、形成する

事例
実際の事例を脚色して、表題、エピソード、ABC図、音楽の使い方、ポイントで解説している。これは勉強になる。
注意欠陥多動症候群の子の場合、落ち着くまで、腰を押さえる(押さえ役は慣れるまで会話をしないで、療法士とのセッションに専念させる)、押さえるのは最初だけ。椅子に座る時間が長くなるに従って、他の活動で解消するように。多動が起こらないよう、注意をそらさないように。
泣き続けていたりする場合、働きかけをしないで、一瞬でも止んだ時、自分から楽器を取った時に行う。泣いている時に声をかけたり、音楽で癒すと、「泣く」行動が強化されてしまう。
離席時には、行動を観察して対応を決める、周囲の反応を見て離席する場合は、追い掛けられる事を楽しむためと思われるので、教育的無視をして、自分から戻るまで、待つ。難しい。
呼んでも反応がない場合、誘導で戻す。振り向いた場合は、椅子を指差して、自分で戻るように促す。
注意引きは無視。いずれも、着席したら、楽しい事があるというのが大事。

記録の記録と分析の具体的な方法は、グラフの読み方が参考になる(特に停滞期の)。何も起きてないのではないのだ。

|

« 読書中メモ | Main | 読了『貧困のない世界を創る』 »

育児」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『音楽療法士のためのABA入門』:

« 読書中メモ | Main | 読了『貧困のない世界を創る』 »