« CD試聴紀:チェコ編(?) | Main | アメリカの刀狩だそうです。 »

2009.02.19

読了『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい 』


綾屋 紗月, 熊谷 晋一郎『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく)』

勝手に標語を付けると『研究者・支援者の大多数が定型発達者である歪な(非対称な)状況に、鮮やかなアッパーカットを放つ一冊』。

敢えて、不謹慎を承知で言わせてもらえば、『本当に面白い一冊!』。
自分が本を読む目的の1つに、『未知の世界を知りたい』という欲求があるが、すぐ身近に、とびっきりの、未知の世界があった事を、思い知らされた。

我々は、生まれ落ちた瞬間からその生涯にわたって、自分の体に、閉じ込められている。これだけが基準となって、世界を見て味わって触って、認識している。その内部を当然の如く一般化して、他者と交わっている。
それがどれだけ危うい事なのか。
著者の綾屋さん(成人後に発達障害と判定。熊谷さんは小児麻痺を持った共同研究者)は、それぞれの生まれついた条件で、この世界に取り組んだ結果を元に『当事者研究』の形で、その危うさを教えてくれる。
当事者研究とは、その名の通り、障害を負った当事者が、自分の体で確かめた知見に基づいた研究だ。個人の主観ではないのかって?そうかも知れないし、違うかも知れない。でも、ここに書かれた事は、著者にとっては、紛れも無い事実、世界認識なのだと私は信じる。
信じる理由は、首尾一貫しているから。
世間に流布する『もっともらしいお話』との違いは、この首尾一貫した内容にある。
また、そらパパの理論とも、ADHD等と関係でも、不整合を見出せない事も(自分的に納得する要素として)大きい。
2月19日に読み終えて、色々コピーを取ったりしたけど、まとまっていないので、このまま上げておく。

1章 体の内側の声を聞く
2章 外界の声を聞く
3章 夢か現か
4章 揺れる他者像、ほどける自己像
5章 声の代わりを求めて
6章 夢から現へ
7章 「おいてけぼり」同士でつながる

|

« CD試聴紀:チェコ編(?) | Main | アメリカの刀狩だそうです。 »

育児」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい 』:

« CD試聴紀:チェコ編(?) | Main | アメリカの刀狩だそうです。 »