« アメリカって国は! | Main | 読了『音楽療法士のためのABA入門』 »

2009.02.04

読書中メモ

ジョゼフ.S.ナイ『アメリカへの警告 21世紀国際政治のパワー・ゲーム』は、ひどい文章ではないか?
一部の読者の関心を買うために敢えてコメントを挿入するので、論旨自体が胡散臭く、著者の印象を腹黒くする。
まぁ文章として不味いってことだけ理解してくれれば十分だ。
で、先生のソフト・パワー。この定義が不明瞭で、熟考されてない感が否めない。そういう雰囲気として捕らえてくれって段階だ。
テクノロジーの進化を告げるにしても、空想上の話題を取り上げてるような具合でリアレティに乏しい。何かの統計データを羅列してるだけって感じが強い。つまりは切り貼りの作文=論文かって。
なぜそう思うかって?
『マクルーハン理論』を読んだからだ。ナイは読んでないね。
この本はマクルーハンが所長を務めた研究所の会報からのアンソロジーで、何かの理論書ではない。
これまで漠然と感じ考えてきたことが、ここに書かれてる。そういう研究分野があったなら大学も面白い所なんだろう。
コミュニケーションと教育。記憶と記録。伝達。
さてジョゼフ・ナイの言うソフト・パワーについては、リンジー・モラン『わたしはCIA諜報員だった』が、解りやすいだろう。ナイよりも文章が上手だし、訓練と実地での一通りの報告として現場を知っておくのも悪くないはず。
ナイには日本人が期待するような人物像を描けない。タイプとしてネオコンが近いのではないかと思う、まだ読み始めたばかりだけど。
向こうがこちらに熱心だからって、こちらに気があるのではなくて、何かの目的があるってことだと思う。日本以外の国と地域は茫漠としてるのに日本だけはきっちりと研究してまとめた意見が言えるというのは、手強い敵だということじゃないのかなぁ。。。

|

« アメリカって国は! | Main | 読了『音楽療法士のためのABA入門』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読書中メモ:

« アメリカって国は! | Main | 読了『音楽療法士のためのABA入門』 »