« 読書メモ | Main | 購入:ジョー ヒル『20世紀の幽霊たち (小学館文庫)』 »

2009.03.02

CD試聴紀

決算バーゲンだというのでワゴンを覗くと、前回の売れ残り品が並んでいる。
それ自体は構わないことだが、それしかない。
量販店が在庫を仕入れられなくなってるということか?
この前の円高還元セールが冴えなかった訳だ。

GERALD BARRY
THE TRIUMPH OF BEAUTY AND DECEIT

CHARLES CAMILLERI
6 Arabesques for Cello solo

Jukka Linkola
The Journey

ワゴンに揺られてケースが忍びない状態ではあるが音楽は申し分ない。
なんだか、こういう鄙びた懐古調なスタンスも悪くないじゃないか。
1枚目はジェラルド・バリー節炸裂!なパワフルで愉快な音楽だった。
2枚目は最近亡くなったマルタの作曲家によるバッハへの挑戦。
3枚目は未聴。

|

« 読書メモ | Main | 購入:ジョー ヒル『20世紀の幽霊たち (小学館文庫)』 »

音楽」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

GERALD BARRY
THE TRIUMPH OF BEAUTY AND DECEIT
モヤモヤしたヴェールの下のリズムセクションが急かした雰囲気を作ってるけど、声楽が被る箇所は、それらを剥がしてある。
で、モヤモヤのヴェールが上手く出来てるって訳。

CHARLES CAMILLERI
6 Arabesques for Cello solo
反復のダブルバーが無いのだろう。分量的にあっさりしてる。
ソレアの説明を聞いた後に、音楽の豊饒さが理解できた。
via:>
パルマスを髣髴とさせるK.33
http://zeami-cd.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/k33-4a31.html

Jukka Linkola
The Journey
いろいろな音楽スタイルも旅するのだが、3幕でシベリウスも出てくる。
そして笑い声で終わるって、ちょっとどうかな。
舞台を観てないので、音だけからすると、こじんまりとした印象に終わるんだよね。
フィン語を知らないから1、2幕だけ聞いてれば良いんだろうけど。

Posted by: katute | 2009.03.17 04:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CD試聴紀:

« 読書メモ | Main | 購入:ジョー ヒル『20世紀の幽霊たち (小学館文庫)』 »