« 株式市場の素人だから解らない。 | Main | 『プレイフル・ワールド』 »

2009.03.11

伝達・技術の学習

ある人と話していたら、ある国の、現在の非政府レベルの経済支援とは地方自治体同士の提携条約で、例えば豆乳工場を技術支援して生産するとしても学童の成長記録を成果として定期検診するものだと言う。
国家レベルでは食料支援であったり借款であったりで、物を渡したら、そこで終わってしまう。
これまでの国レベルでの経済支援だと生産ラインが回りだすと技術指導や原料投入に注意が向けられた。
しかし、工業社会を経験していない地域では、機械とはメシを喰わない奴隷なのだ。片手が無くなろうと目が潰れようと生きている限りは働かせて死んでしまえば仕事も終わってしまう。そうした習慣の下にあった。だからメシを喰わないだけ儲かると思ってしまうし、奴隷だから手入れなんかしない。
機械化社会、産業社会の手前では道具に対する考えがそれなりに明確に認識されるはずだ。

話を聞けば、なるほどと思える。
経済支援の考え方が、違うのだ。
これが
新しい人よ目覚めよ、の意味だ。
あるいは
言葉で表せる物は言葉しかない。

|

« 株式市場の素人だから解らない。 | Main | 『プレイフル・ワールド』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伝達・技術の学習:

« 株式市場の素人だから解らない。 | Main | 『プレイフル・ワールド』 »