« 仕事が速いって、これは | Main | ODAって奴? »

2009.05.13

読書メモ

ダン・バートン『ブラックアイス

』、その筋の専門家と思ったのだが、まえがきでうんざりだ。911やアルカイダで気を引こうとしてるのが、冷静さに欠けるように見える。
ましてや“新型インフルエンザ・フィーバー”の昨今、情報戦的観点から既に色褪せて見える。

組織犯罪として取り締まろうと考えてるのか?ならば『犯罪.com

』やジョヴァンニ・ファルコーネ『沈黙の掟』とは相容れず私の思い違いだったことになる。
もしかすると、この著者は犯罪を理解してないかも知れない。そう危惧するのだが、どうだろう。

『沈黙の掟』は、文化人類学的な比較文化論レポートだ。その範囲での読書においてはシニフェ/シニフィアンという懐かしい読解技法が試される。
しかしコーサ・ノストラ(訳者後書が秀逸な解説だ)という独自の文化は国家への挑戦という現象を生み出した。これは組織なのか?習慣なのか?それとも宗教なのか?
そしてファルコーネのメンタリティの危うさ。その定義さえ難しい。
フリーマントル『ユーロ・マフィア』が道徳論に関する著作だったとしたら、このインタビューは別世界の啓示なの書だろう。

|

« 仕事が速いって、これは | Main | ODAって奴? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読書メモ:

« 仕事が速いって、これは | Main | ODAって奴? »