« 読了『予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』 | Main | 餃子の記憶 »

2009.06.04

そうなのか

outlandos d'amour: 情報のスピードが速すぎると、脳は情報を消化しきれないより引用:

情報のスピードが速すぎると、脳は情報を消化しきれない。

 脳は他人の身体的苦痛には素早い反応を示す。その一方で、他人の気持ち等に対する感想が希薄になってしまう。特に相手への称賛を示すまでには時間がかかる。この称賛する反応は、人間性の決め手となる深い感情とされていて、人が善悪を判断するうえで重要な要素もの。若者らの道徳的判断力は、ニュースなどを含めた社会経験の積み重ねで形成されるため、テレビやネットの速報に頼り過ぎていると、きちんとした道徳観念が育たず、何を見ても無関心な状態に陥る恐れがある。若者らの判断力低下を防ぐために、ニュース報道のスピードを抑える必要がある。

 アメリカのサウス・カリフォルニア大のアントニオ・ダマジオ(社会学者)の研究チームが、脳スキャンを使ってTVのニュース速報やネットで絶え間なく配信されるニュースへの人間の反応を観察した結果、上記の結論に至り、警告をしている。

先生の考えは別にあるんだけど、他人の身体的苦痛への反応ってのが、ミラーニューロンが基盤だとしたら、その結果から生成される『他人の感情』は確かに遅れそうに思う。 自閉症者は、もし、ミラーニューロンの活動不全が原因なら、『他人の肉体的苦痛』を基準にして検証出来ないだろうか?

|

« 読了『予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』 | Main | 餃子の記憶 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

Comments

身体的な反射訓練ていったら劇団などの練習を思い浮かべてしまう。
感情と反応を対にして刷り込むわけだが。
話は変わって、駅の自動改札の表示遅れで入場を拒まれることがしばしば。これって情報の処理速度が追い付いてないのかサーバーが限界なのか。少しゆっくり通れば良いんだろうけど。人間の認識速度に追いついてないんだろうね。

Posted by: katute | 2009.06.04 at 04:29 PM

ここしばらく、記憶と記録の差異をもう一度考えている。
それらに触れた時の感情の差異も。
揺すぶられる度合いや反射・反応も。
「記憶装置としての大衆」とは港千尋の著作で知った言葉だが、「イメージバンク」ということではないか?
イメージは画像に止まらない記憶の総称として。
なぜ反射するのか?
なぜ反応するのか?

Posted by: katute | 2009.06.08 at 11:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/45231471

Listed below are links to weblogs that reference そうなのか:

« 読了『予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』 | Main | 餃子の記憶 »