« 日本発の情報は管制が布かれてるのか? | Main | ようやく日本でも報じられた様子。 »

2009.06.15

その国には、底の国民に合った

新聞がある。というのは英国の諺。
需給バランスを言い表わしたものだ。
(兄:無粋だとは思うが、漢字、わざとか?)

イラン大統領選挙で現職アフマディネジャドが選出されれば、独裁者が言論統制してると日本の新聞は言いたげだ。

モッチーのインタビューが掲載されると一仕切り騒いでいたネット言論。それが残念だという話だったはずで、ブラッドベリ『火星年代記』が脳裏に閃いた。
モッチーは彼らにとってチェーホフ『犬をつれた奥さん』でなければいかないらしい。

NHK「マネー資本主義」が年金基金がヘッジファンドにハマった理由を探っていたが、楽に配当が手に入ったからだろう。
仕組みを平たくすると、自社発行ジャンクボンドを自社で売り捌いてたからだ。そんなマッチポンプ、時間の問題だ。

ブローバックは諜報世界の隠語だったそうだが、社会学用語に昇進したように思う。あるいは心理学の。

|

« 日本発の情報は管制が布かれてるのか? | Main | ようやく日本でも報じられた様子。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference その国には、底の国民に合った:

« 日本発の情報は管制が布かれてるのか? | Main | ようやく日本でも報じられた様子。 »