« 『東京ジョーネット・トレーディングのいかさま師たち』ジョン・R・シュウイラー | Main | 未知に対して感動するのは何故だろう? »

2009.06.10

読了:チャールズ サイフェ『異端の数ゼロ―数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念

「無限」に挑む物語を読んでから、図書館で探すと、単行本の方のチャールズ サイフェ『異端の数ゼロ―数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念』があったので、借りて読んだ。
小島先生の言うように、ゼロ(と無限大と無限そのもの)を中心に、科学、数学、哲学の発展を記述するのは、意外にもいい視点だ。
なぜ、キリスト教が異教徒のアリストテレス哲学を信奉していたのか(途中で改革しそうになったのが公会議前後か)、これは専門書を読めばどこかに書いてあるだろうけれど、この本で初めて知った。
概念の起源とか、細かいところで、以前に読んだアルキメデス写本(このエントリ参照)と交差する気がする。知識がネットワークを張る、いい感じ。
極限の説明は、簡単過ぎて、イマイチだが。
この著者の本なら、文句無く推薦出来る。
目次だけ引いておく。

第0章 ゼロと無
第1章 無理な話―ゼロの起源
第2章 無からは何も生まれない―西洋はゼロを拒絶する
第3章 ゼロ、東に向かう
第4章 無限なる、無の神―ゼロの神学
第5章 無限のゼロと無信仰の数学者―ゼロと科学革命
第6章 無限の双子―ゼロの無限の本性
第7章 絶対的なゼロ―ゼロの物理学
第8章 グラウンド・ゼロのゼロ時―空間と時間の端にあるゼロ
第∞章 ゼロの最終的勝利

|

« 『東京ジョーネット・トレーディングのいかさま師たち』ジョン・R・シュウイラー | Main | 未知に対して感動するのは何故だろう? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了:チャールズ サイフェ『異端の数ゼロ―数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念:

« 『東京ジョーネット・トレーディングのいかさま師たち』ジョン・R・シュウイラー | Main | 未知に対して感動するのは何故だろう? »