« 日記風雑記 | Main | こんな映画あったんだ »

2009.08.02

読了:セバスチャン・フィツェック『ラジオ・キラー』


セバスチャン・フィツェック『ラジオ・キラー』

ううむ、これもあっという間に読み終えてしまう(しっかり量もあるのだが、止まらないという意味)! しかも、何か説明書きに無いことを書こうとすると、ネタバレになりそうだし。 ともかく面白い。気になるところは、全部、伏線・仕掛けだと思った方が良い。このタイトルは、『そう名付けられた者の物語』として、読後に見ると、成る程である。

公開セラピーセッションということになるのか。司法取引をかなり上手くやらないと、ヤンは出て来れないんじゃないのか。ファウストの罪状とバランスさせたということなのか。ディーゼルは美味しいところを持って行く。謎は、全部、解かれるが、後日談的に、ゲッツとかの消息が知りたいなぁ。シュトイアーとかも、その後、尊大な防御的な姿勢(とそれとは違う自己像)は変わらんのか。

|

« 日記風雑記 | Main | こんな映画あったんだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/45807405

Listed below are links to weblogs that reference 読了:セバスチャン・フィツェック『ラジオ・キラー』:

« 日記風雑記 | Main | こんな映画あったんだ »