« 読了:セバスチャン・フィツェック『前世療法』 | Main | 天然資源が欲しいって? »

2009.08.06

クリントン報道

日本の通信社は現地情報が入手できなくて韓国新聞とワシントン駐在員が頼りだったようだ。
韓国新聞は中央日報が朝鮮日報を後追いで日本語記事を上げている感じだ。こういう時の出稿量と着目の切り口で普段の仕事ぶりがバレる。
夫人もイランでの記者解放を呼び掛けてたから夫唱婦随か?
いつ事前協議したか。それもそうだが、核爆撃指示したクリントンがよくも、その地に降り立てたもんだ。それと、帰りに立ち寄った米軍の三沢基地内は(グアンタナモのように)治外法権だから経済制裁の範疇じゃございません、あしからず。
で、部下だったアル・ゴアの従業員を引き取りに行ったのは何も不法侵入の罰金を払うためばかりじゃなく、ジョン君の健康状態を測定しに行ったんだろ、とおおよその推測。最高位の訪問となれば握手する、その掌に測定装置を付けてる、と。
今の情勢がどのくらい続くのか、不安定要素を占いに行ったのだ。
それにしても、憔悴しきったクリントンと破顔のジョン君。一体何が話されたんだろうね。単なる健康自慢とミッション疲れか?
もしや、64年目の広島を控えた前日に、核交渉をしたのか?
それさえも取材できない報道各機関の熱い一日と日記には書いておこう。

それにしてもどうして「拉致」と「不法侵入」を同じ土俵に乗せようとするんだ日本は?

|

« 読了:セバスチャン・フィツェック『前世療法』 | Main | 天然資源が欲しいって? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クリントン報道:

« 読了:セバスチャン・フィツェック『前世療法』 | Main | 天然資源が欲しいって? »