« CD試聴記 | Main | ある知人との会話から »

2009.08.24

旬な作曲家なのかな。

A new work enters the Cello repertoire
>今年のBBC - Proms
でチェロ協奏曲が初演され好評だったようだ。自分が聞いたCDではブーレーズ系で何ら出身を思わせる音ではなかったけれど、記事ではパンソリと関連付けてる様子。

日本でも今年は注目されてるらしく今月24、28日に演奏される。

サントリー音楽財団創設40周年記念 サマーフェスティバル2009
テーマ作曲家「ウンスク・チン」
室内楽
管弦楽

================

おまけ:
Photos from the Festival
>キングストンでの朝鮮戦争帰還兵のお祭りらしい。

|

« CD試聴記 | Main | ある知人との会話から »

音楽」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

しもた屋之噺(93)  杉山洋一
http://www.suigyu.com/sg0909.html#03
今回、ウンスクチンとイリャンチャンの演奏会をやってみて、彼らが本当に韓国人である誇りを表現の強さと糧にしていることに、脱帽しました。もちろん韓国にもいろいろな人がいて、彼らが全てというつもりもありませんが、ヨーロッパ人からすれば、それは至極当然だと感じるに違いありませんし、個性としてとても肯定的に捉えられると思います。ウンスクさんが韓国的な作品を書こうとしているとは思いませんが、彼女にもとんでもない芯の強さと情熱があり、きっとそこに迷いがないのでしょう。聴き手をぐいぐいと引き込んでゆきます。

Posted by: katute | 2009.09.10 02:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旬な作曲家なのかな。:

« CD試聴記 | Main | ある知人との会話から »