« 残念なセヴラック | Main | 鮎川信夫『私のなかのアメリカ』 »

2009.09.09

今回の選挙の周辺で

どうも都内では自民党は選挙を戦ってなかったような印象が残った。
何人かと話してみたが皆そう言ってる。地方が大変だったんだろう、て。

結果が出る前から民主党で大丈夫か?と騒いでたが、どうも日本て国は政治家が動かしてるんじゃないらしい。でも官僚ってのは政治家の答弁のための調査機関だと説明される。
この国は、手放しで走らされてる、てことか。(スティーヴン・キングは『小説作法』で、受け身の文書を書くなと注意する。)

外国人参政権と民主党との関係も、面白い。
以前、国際赤十字を巻き込んだ帰国運動で在日の資産を収奪した総連・自民党コンビは今回は悪役だ。
民団が参政権を要求したのはうがった見方をするなら米国の意向だ。

北への経済制裁も、太平洋地域での資源確保交渉から日本を排除する手段だ。
兵力を投入する口実は残すが、実際にはスケーラビリティが見込めないのと中ロを刺激して思わぬ結果を促さないための6者協議だ。その枠組みは太平洋地域のNATO組織を目指すとCFRが規定してる。

グリーン・エコノミーってスローガンは米国お得意の、いつものやつだ。
プラハ演説と新核燃料開発は二重言語で、それが米国の外交手法だってことを、再確認した。

オバマ就任と今回の民主党勝利と、市場のチャートはどこまで似てるだろう。
もちろん、その先が本番なんだろうけど。

|

« 残念なセヴラック | Main | 鮎川信夫『私のなかのアメリカ』 »

」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

東アジアの平和と日本外交
─制裁重視は平和をもたらすか─
元拉致被害者家族会事務局長蓮池 透 氏
http://www.kokuminrengo.net/old/news2009/news20090830-hasuike.htm

「友愛」は通用しない資源外交
“核ルネッサンス”に乗り遅れるな
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090818/202771/

「先軍政治」で読み解く北朝鮮の現在  朴鳳瑄
http://korea.de-blog.jp/blog/2007/06/post_4a74.html

Posted by: katute | 2009.09.12 at 12:33 PM

韓国側が示す鳩山への期待が、日本が示したオバマへの期待と似てる気がする。

Posted by: katute | 2009.09.17 at 01:59 PM

東アジア共同体は6者会談を収容するのか?

Posted by: katute | 2009.09.22 at 11:34 AM

日本軍、アフリカの角で、アメリカとNATOに合流
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/nato-5500.html

Posted by: | 2010.05.06 at 12:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/46185457

Listed below are links to weblogs that reference 今回の選挙の周辺で:

« 残念なセヴラック | Main | 鮎川信夫『私のなかのアメリカ』 »