« 第九、ほか | Main | 二人揃って韓国入りしたようだね。 »

2009.10.11

中南米の地デジ

これって結局は日本方式を採用するのだろうか?
日本でもメリットがはっきりしないのに、今後のメンテナンスやコンテンツ利用を期待してるのか。

しばらく前の、テレビとパソコンのモニタ統一問題は、まるで嘘のように消えてしまった。ビジネス・パソコンのみならず医療用モニタも含む多くの用途が同一規格で互換性を獲得したとは到底思えないのだが。

日本方式の地デジの特許保有者って誰なのだろう?
導入には日本から借款があるのか?

これからはGPSの精度が落ちるぞと言われてる時期に、どうして地上デジタルが必要なのか。
その後のアナログ帯域の利用予定はどうなってるのか。

最近ちょっと面白いことに気付いた。
オタクが戦後日本で自民党が作り上げたプロパガンダ・マシーンだとは、言われてきたことだ。オタク総理は逆噴射だった。
東南アジアのイスラム圏でも、日本のオタクに刺激されて、タレントをイベントに呼んだり映像作品に出演依頼したりしてる。
そこまで日本が意図した工作をしてるようには見えないが、結果が全てだからね。

|

« 第九、ほか | Main | 二人揃って韓国入りしたようだね。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中南米の地デジ:

« 第九、ほか | Main | 二人揃って韓国入りしたようだね。 »