« 読了:『ミンスキー博士の脳の探検 ―常識・感情・自己とは―』 | Main | 坩堝 »

2009.11.09

知人から聞いた話

ピョンヤンから戻って購入した本を毎日の移動の際に電車で読んでると乗り過ごしてしまう、そんなに何が面白いかと聞けば、金正日時代を記録したシリーズがあるそうで、近年の「困難の行軍」下での社会を記録して、政治構造も部署や地位が知れるほどに匂わせながら描き込まれ、地位による腐敗や、生かさず殺さずな地位の分与なども交えながら、独自の生き方を模索する国の姿を追っているらしい。
そうした、以前はタブーとされた事柄も記述されているのは、現在の行政府が、それらを過去の出来事として客観的に捕らえるだけの時間が経過したと認識するようになったからではないか、と言う。
様々な生産プラントが欧米からの支援か投資で導入され、日本で報道されるのとは異なる生活の質が形成されてるそうだ。
先代の時代に外国から持ち込んだものはレガシー化して、つまり有り難く奉られてしまって生産現場に至らなかった、それを補う新しい試みが進行中ということ。
原因を問うよりも現実に対処するのに忙しい姿が描かれてるらしい。
こうした出版物を読めば、北の現実と政治スタイルの研究に役立つはずだが、2006年から、経済制裁以降の日本へは持ち込まれていない。日本で読んでいるのは、この人だけということになるか。

ピョンヤンから持ち帰った書籍の幾つかにISBN番号が入っていてクエリーを立てると紹介ページを表示でき、北の出版物を全て収めたページもある。
ひょっとするとグーグル・ブック・サーチに対応しようと整備してるのかも知れない。

以前は国外持ち出し禁止図書や回収図書(所定規模での回覧後に回収するので読者を限定して情報保持を行なっていたのか)などがあったそうで、作家たちが全国に派遣され地方の現実を記録していたそうだ。
その中には市の式典責任者による金日成逝去の日のピョンヤンを記録したものもあるそうだ。

|

« 読了:『ミンスキー博士の脳の探検 ―常識・感情・自己とは―』 | Main | 坩堝 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

最近・北朝鮮経済事情
http://www.pyongyangology.com/index.php?option=com_content&task=view&id=626&Itemid=81

あまりに長く否定された歴史:未解決の日本植民地支配と北朝鮮問題
ガバン・マコーマック
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200907221300353

Posted by: katute | 2009.11.20 04:27 PM

歴史の毀誉褒貶か。

在日同胞北送開始から50年 『イムジンガン』どう歌う!?
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=17&category=3&newsid=12052

‘統一新羅’は殖民史学の発明品?
http://blog.livedoor.jp/hangyoreh/archives/876673.html

Posted by: katute | 2009.11.24 02:46 PM

北朝鮮にも電子書籍?「未来2.0」韓国内初公開
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2010/02/04/0300000000AJP20100204001000882.HTML

Posted by: katute | 2010.02.08 12:52 PM

The e-book revolution hits North Korea
http://www.csmonitor.com/Books/chapter-and-verse/2010/0406/The-e-book-revolution-hits-North-Korea

Posted by: katute | 2010.04.07 11:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 知人から聞いた話:

« 読了:『ミンスキー博士の脳の探検 ―常識・感情・自己とは―』 | Main | 坩堝 »