« メモ;堀田善衛『ゴヤ』 | Main | 今日のグラデーション »

2009.11.18

今後しばらくの経済指標として、

ジム・ロジャース 今後2年に世界の通貨危機起きる
>これは豪華3人揃い記事。

クルーグマンのコラムは読まなくていい
「予想では、今後6カ月のクルーグマンのコラムは次のような主張に要約できるだろう。
1.マクロ的不均衡の元凶は、中国が人民元をドルに連動させて(割安に保って)いることだ。
2.オバマとガイトナー財務長官は中国のドル政策に「厳しく」対応すべきだ。
3.アメリカのインフレ懸念は、いわばインフレ状態にある(誇張されている)。
4.上昇する債務水準への長期的な懸念は、もっとインフレ状態にある。
5.2009年2月の景気刺激策は小さ過ぎた。
6.共和党員は視野が狭い。
7.オバマ政権はもっと党派的かつ進歩的に行動すべきだ。」

========

それで、背景はこうなのだろう。やれやれ。。。

バブル崩壊を新たなバブルで埋める米国流「バブル・リレー」復活の危うさ

|

« メモ;堀田善衛『ゴヤ』 | Main | 今日のグラデーション »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今後しばらくの経済指標として、:

« メモ;堀田善衛『ゴヤ』 | Main | 今日のグラデーション »