« 教科書が売れてる | Main | 新手の詐欺か? »

2010.02.02

国家開発銀行

名前が凄いんで何だかわからなかった。
が、デビッド・スミック『世界はカーブ化している』の日本語版46ページあたりからリー・クアニューとの接見くらいまで読み進めると良いんだろう。現象の違いは地政学のせいにしても良い。

北朝鮮、外資誘致に向け「国家開発銀行」設立へ 国防委が決定

『世界はカーブ化している』で賞賛されるグローバリゼーションとは、ナポレオン撤退後のスペインでゴヤが被ったようなロマンティークな世界のことだろうか。それにしても、この本はアメリカ礼賛すぎるんじゃないか?

|

« 教科書が売れてる | Main | 新手の詐欺か? »

」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

もう少し説明が必要かと思う。

米企業家代表団が訪朝 BENS会長を団長に 投資環境整備問題を協議
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2009/05/0905j1218-00002.htm

3・4月 ピョンヤンに米国貿易代表部設置 推進中
http://osaka.korea-htr.com/index.php?e=149&PHPSESSID=rcxpikexnn

で、訪朝した米企業家代表団の一人が現地残留して折衝してるという話だったので、水面下で顧問契約でも取ったか、と。
(ベトナム戦争での米国の経済顧問団や軍事顧問団のような五月雨攻勢と比較検討しても面白いか)そう思ってたら、今日になって

北朝鮮:「デノミ失敗」実務責任者を解任
http://mainichi.jp/select/today/news/20100203k0000e030071000c.html

綱引きのどちらかの勢力が勝ったのかも知れない。

Posted by: katute | 2010.02.03 at 04:01 PM

綱引きというのは、人民経済と外国人投資家を篩に掛けてるように感じたからだ。
実際には中国の通貨政策の欠点を予習してるのかも知れないが。

Posted by: katute | 2010.02.05 at 10:01 AM

スミックは、この本の中で、米国政治家らが人気取りのために煽る階級闘争を避けるべきと繰り返し非難する。米国は階級闘争社会へ突入した、と。

Posted by: katute | 2010.02.19 at 04:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/47467368

Listed below are links to weblogs that reference 国家開発銀行:

« 教科書が売れてる | Main | 新手の詐欺か? »