« 読んでるのは | Main | 読了:マーカス・デュ・ソートイ『シンメトリーの地図帳 (新潮クレスト・ブックス)』 »

2010.04.23

「天安」て命名由来が知りたいんだけど、

引用とか?

「天安」号事件、深まる疑惑、最大の受益者は?
http://ameblo.jp/khbong/entry-10510427237.html

「北の攻撃」説に疑問

第一に、何度も指摘していますが当時事件のあった海域では米韓合同演習(フォール・イーグル)が行われており、米韓の艦艇が作戦行動を取っていたときです。「天安」号もその作戦に参加していた事が確認されています。実戦を想定した演習中に北の潜水艦が探知されないまま作戦海域に入り込み、魚雷を発射したという仮定がなければ「北の攻撃」説は成り立ちません。

くわえて該当海域は渡り蟹や漁が盛んな場所でいたるところに漁網がうたれています。
北の潜水艦がこのような海域で、高度な緊張の中で演習に突入していた米韓軍に探知されないで、さらに漁網をうまく避けて魚雷を発射し、発見もされずに逃げ延びると言う神業ができるという前提がなければなりません。


第二に、バブルジェット魚雷を機動中の艦船に命中させるという高度な技術を持っているのは今のところアメリカだけだといわれています。停止している船体に直接命中させるのではなく、機動中の船体に接触させることなく適度な深度の水中で、さらに艦艇の真ん中で魚雷を爆発させる高度な技術が必要なこの種の魚雷を朝鮮が保有していると言う話は聞いた事がありません。韓国軍も北がこのような魚雷を保有しているのか確認できていないといっています。


第三に、なぜ韓国国防部が通信記録をひた隠しにし、水柱を見た事がないと証言した生存者の口を塞いだのか、地質資源研究院が爆発による音波を捉え、報告していたのを公開せず、爆発音を二度聞いたという住民の証言に耳を貸そうとしなかったのかと言う疑問も残ります。


そして第四に、以上の疑問の他に前回指摘した疑問が一つも解明されていません。とくに米軍サイドから何の話もないのはいかにも不自然です。演習中に起きた事件なので米軍が知らん振りできる問題ではないにも拘らずにです。そして韓国軍部も米軍にそれを要求しようとはしてないのです。

=====================

では何が目的とされるかは、これ、


「天安」号事態で韓国が狙っているものは?
http://ameblo.jp/khbong/entry-10513022166.html#main

国内政局の打開。


======================

潜水艦について。


米空母打撃群が台湾に近寄る時には、相当のリスクを覚悟せざるを得ないと思われる。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/d/20100419

引用されてる記事 「米国に力を見せつけた中国の最新鋭潜水艦」 が知識を与えてくれるでしょう。


======================

やっぱり戦争へ?

哨戒艦沈没:国会国防委、対策めぐり激しい議論(上)
http://news.livedoor.com/article/detail/4727803/

哨戒艦沈没:国会国防委、対策めぐり激しい議論(下)
http://news.livedoor.com/article/detail/4727839/

「国連憲章による自衛権を検討すべき」「済州海峡における北朝鮮商船の封鎖」「西海(黄海)に無人攻撃機を配備」-。


======================

連動してるんだろうね。


軍事作戦を仕切る“素人”CIA
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100405/213831/?ST=world

【正論】元駐タイ大使・岡崎久彦 沖縄と米兵との知られざる「絆」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100421/plc1004210324001-n1.htm


これには驚き!! 凄いこと言って自覚が無さそう。


===========
===========


前回の北朝鮮”核”危機の分析。ちょっと長いけど丁寧で判りやすい。


ガバン・マコーマック『北朝鮮危機入門』 04年4月28日
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/307

|

« 読んでるのは | Main | 読了:マーカス・デュ・ソートイ『シンメトリーの地図帳 (新潮クレスト・ブックス)』 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Comments

[社説]米議会「韓国戦争60周年決議案」に盛り込まれたメッセージ
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2010042220998

【社説】我々は厳存する北朝鮮の脅威を忘れていた
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=128499

兵力の急減に悩む北朝鮮軍(上)
http://www.chosunonline.com/news/20100425000023

Posted by: katute | 2010.04.26 03:14 PM

哨戒艦沈没最大の謎 封印された米潜水艦沈没スクープ
http://blogs.yahoo.co.jp/lifeartinstitute/41338493.html

謎が謎を呼ぶ哨戒艦沈没事件 
http://blogs.yahoo.co.jp/krp19820301/32117028.html

Posted by: | 2010.05.11 12:41 PM

「海軍は新兵器への対抗を」、ゲーツ米国防長官
http://www.afpbb.com/article/politics/2723489/5708604

Posted by: | 2010.05.11 01:59 PM

韓国軍艦「天安」沈没の深層
http://tanakanews.com/100507korea.htm

Posted by: | 2010.05.11 04:23 PM

米海軍の原子力潜水艦1隻が朝鮮半島付近で消息を絶った??
http://alcyone.seesaa.net/article/149610235.html

Posted by: katute | 2010.05.12 01:30 PM

新しいネタはもう出ないらしい。後は世論操作か。

北を瞬間湯沸かし器だと知りながらサマリア人の財布が支援してたのにイランとの関係でイスラエルに悪の枢軸呼ばわりされてしまっては分が悪い、が米国を隠れ多極主義とするなら、これもバーゲニングなのかも。
まぁこうやって世界地図(?)をひっくり返しながら眺めてみると色々見えてくるもんだなぁ。。。

天安の沈没と合同演習
http://icke.seesaa.net/article/151094410.html

Posted by: katute | 2010.05.27 01:08 PM

爆発はなかった 魚雷もなかった
http://www.anatakara.com/petition/no-explosion-no-torpedo.html

米国物理学教授、「天安艦は座礁か衝突で沈没」
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2010/1275031901749Staff

Posted by: katute | 2010.05.31 05:47 PM

Wayne Madsen: Japan real target of Korea attack
http://www.youtube.com/watch?v=7VL5ps5zTTg

Posted by: katute | 2010.06.03 06:09 PM

哨戒艦「天安」事件に関する米国専門家の記者懇談会
http://www.labornetjp.org/news/2010/1277267696577staff01
日時: 2010年7月9日(金) 15:00~
場所: 日本外国特派員協会 記者室
発言者:ソ ジェジョン・ジョン=ホプキンス大学教授(国際政治学)
     リ スンホン・バージニア大学教授(固体物理学) ※現在、東京大学招聘教授
内容:「天安艦、民・軍合同調査団が発表した‘魚雷の爆発による沈没’の科学的証拠に対し、“科学的疑問を提起した実験結果“」についての説明と質疑応答
主催:特例社団法人日本外国特派員協会(The Foreign Correspondents’Club of Japan)


Posted by: katute | 2010.06.24 01:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「天安」て命名由来が知りたいんだけど、:

« 読んでるのは | Main | 読了:マーカス・デュ・ソートイ『シンメトリーの地図帳 (新潮クレスト・ブックス)』 »