« アマゾン、知ってて、知らせて来てるのか | Main | 船に乗れ!どうしよう »

2010.06.07

読了:甲野 善紀 名越 康文『薄氷の踏み方』


甲野 善紀 名越 康文『薄氷の踏み方』

二人の会話は噛み合ってるけど、名越氏が矢鱈とバランスを連発する。何かの極意が示される訳ではない(そりゃそうだが)。 二人が言及する、「世に無くてはならない人になるか、世にあってはならない人になれ」と言ったとかいう、満州国に関わって、双方から追われて、戦後戦犯として処刑された人、名前が思い出せない。この人のこの言葉の言い換え?が「牛羊となって人に喰われるか、豺狼となって人を喰うか」だというのは物騒だけど、気に入った。 怪しい領域に接しているけど、何故か、正気の人達。

|

« アマゾン、知ってて、知らせて来てるのか | Main | 船に乗れ!どうしよう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12774/48567876

Listed below are links to weblogs that reference 読了:甲野 善紀 名越 康文『薄氷の踏み方』:

« アマゾン、知ってて、知らせて来てるのか | Main | 船に乗れ!どうしよう »