« 読了:梨木 香歩『f植物園の巣穴』 | Main | ダニエル・ピンクと、 »

2010.06.02

読了:藤谷 治『誰にも見えない』


藤谷 治『誰にも見えない』


『氷の海のガレオン』を読んだのと同じような感触で始まる、が、これは違う。
そして、違っててイイ。
大きな不満は無いけれど、ぎこちない家庭、馴染めない学校、理解できない自称親友、こういう世界に囲まれて、生きづらいような気がする、そんな少女の日常。
ため息が出るけれど、救われる、小さな話。
次はネタバレ。

きらいといやで埋め尽くされたページで始まる中高一貫校の女子中学生の日記。何だか馴染めない世界にいる主人公、「友達」との退屈な日常、そんな中、縁遠いと思われた少女とふとした弾みで交流が始まり、家での筈が、ささやかな奇跡を切っ掛けに、どうやら、本当の親友に巡り会ったことに気付く、そんな話。
これは、著者の青春時代の投影のような気がするな。

|

« 読了:梨木 香歩『f植物園の巣穴』 | Main | ダニエル・ピンクと、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了:藤谷 治『誰にも見えない』:

« 読了:梨木 香歩『f植物園の巣穴』 | Main | ダニエル・ピンクと、 »