« 日本と海外ではモノがひっくり返って見えるらしい | Main | 読了:スタニスラス ドゥアンヌ『数覚とは何か?―心が数を創り、操る仕組み』 »

2011.01.20

2010年の読了本の見直し

やっと。booklog登録分なので、漏れがあるかも(3月からの利用なので漏れてるのは確実)。52冊なので、平均週1冊か。コミックスや以前から読んでるものも入ってしまったから、去年よりも少し少ないのだ。

iPhone情報整理術~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)
堀正岳,佐々木正悟
単行本(ソフトカバー)/技術評論社/2009-10-21発売
2010-03-17読み始め、読み終わった(2010年03月17日)

算数宇宙の冒険
川端裕人
単行本/実業之日本社/2009-11-20発売
2010-03-25読み始め、読み終わった(2010年03月25日)

代替医療のトリック
サイモンシン,エツァートエルンスト
単行本/新潮社/2010-01発売
2010-03-25読み始め、読み終わった(2010年03月25日)

船に乗れ!(3)
藤谷治
単行本/ジャイブ/2009-11-05発売
2010-03-30読み始め、読み終わった(2010年03月30日)

完全なる証明
マーシャ・ガッセン
ハードカバー/文藝春秋/2009-11-12発売
『息苦しい、この世界、』とか思っていた自分に重なる部分が鍵だと思うけど
2010-04-12読み始め、読み終わった(2010年04月12日)

日本でいちばん大切にしたい会社
坂本光司
単行本(ソフトカバー)/あさ出版/2008-03-21発売
2010-04-12読み始め、読み終わった(2010年04月12日)

百姓貴族(WINGSCOMICS)
荒川弘
コミック/新書館/2009-12-11発売
2010-04-12読み始め、読み終わった(2010年04月12日)

誰にも見えない
藤谷治
単行本/小学館/2007-03-01発売
2010-04-13読み始め、読み終わった(2010年04月13日)

シンメトリーの地図帳(新潮クレスト・ブックス)
マーカス・デュ・ソートイ
単行本/新潮社/2010-02-26発売
2010-04-13読み始め、読み終わった(2010年04月13日)

現代思想2009年12月号特集=日本の数学者たち和算から現代数学まで
上野健爾,黒川信重,森本光生,一松信,高瀬正仁,銀林浩,野崎昭弘
ムック/青土社/2009-11-27発売
2010-05-12読み始め、読み終わった(2010年05月12日)

スフィンクス(flowerscomicsシリーズここではない・どこか2)
萩尾望都
コミック/小学館/2009-12-10発売
2010-05-12読み始め、読み終わった(2010年05月12日)

あぶな坂HOTEL(クイーンズコミックス)
萩尾望都
コミック/集英社/2008-03-19発売
2010-05-12読み始め、読み終わった(2010年05月12日)

f植物園の巣穴
梨木香歩
単行本/朝日新聞出版/2009-05-07発売
2010-05-20読み始め、読み終わった(2010年05月20日)

科学との正しい付き合い方(DIS+COVERサイエンス)
内田麻理香
新書/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2010-04-15発売
自分自身は深く帰依しているけれど、宗教化に対する著者のスタンス危惧は大体大丈夫な感じだけどな〜反感が多かったようだ
2010-05-23読み始め、読み終わった(2010年05月23日)

薄氷の踏み方
甲野善紀 名越康文
単行本(ソフトカバー)/PHP研究所/2008-11-22発売
[なくてはならない人になるか、あってはならない人になれ]これを[牛羊となって人に食われるか、豺狼となり人を食え]と言うのは、中々言えない。
2010-05-26読み始め、読み終わった(2010年05月26日)

Self‐ReferenceENGINE(ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
円城塔
単行本/早川書房/2007-05発売
面白いが、ちょっと残念。
2010-06-04読み始め、読み終わった(2010年06月04日)

西の魔女が死んだ(新潮文庫)
梨木香歩
文庫/新潮社/2001-07発売
2010-06-04読み始め、読み終わった(2010年06月04日)|編集

容疑者Xの献身(文春文庫)
東野圭吾
文庫/文藝春秋/2008-08-05発売
2010-06-04読み始め、読み終わった(2010年06月04日)|編集

柳生平定記
多田容子
単行本/集英社/2006-08-25発売
2010-06-10読み始め、読み終わった(2010年06月13日)

私の家では何も起こらない(幽BOOKS)
恩田陸
単行本/メディアファクトリー/2010-01-06発売やはり描写が冴えている
2010-06-13読み始め、読み終わった(2010年06月14日)

文章探偵(ハヤカワ・ミステリワールド)
草上仁
単行本/早川書房/2006-05発売
2006-07-31読み始め、読み終わった(2010年06月22日)

汚名
多島斗志之
単行本/新潮社/2003-01発売
2010-06-22読み始め、読み終わった(2010年06月27日)

犬の力上(角川文庫)
ドン・ウィンズロウ
文庫/角川書店(角川グループパブリッシング)/2009-08-25発売
2010-06-27読み始め、読み終わった(2010年07月09日)

犬の力下(角川文庫)
ドン・ウィンズロウ
文庫/角川書店(角川グループパブリッシング)/2009-08-25発売
2010-06-27読み始め、読み終わった(2010年07月14日)

中華文人食物語(集英社新書)
南條竹則
新書/集英社/2005-05-17発売
2010-07-15読み始め、読み終わった(2010年07月21日)

デイ・ウォッチ
セルゲイ・ルキヤネンコ/ウラジーミル・ワシーリエフ
ハードカバー/バジリコ/2007-06-20発売
2010-03-26読み始め、読み終わった(2010年07月22日)

奴らが哭くまえに―猪飼野少年愚連隊(幻冬舎アウトロー文庫)
黄民基
文庫/幻冬舎/1998-12発売
後書きだ。自分が群像劇に慣れてないのか読みにくかったが、ここに至って初めて理解出来た。
2010-07-24読み始め、読み終わった(2010年07月30日)

翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない(ちくま学芸文庫)
永井均
文庫/筑摩書房/2007-08発売
2010-08-04読み始め、読み終わった(2010年08月04日)|編集

コネクションマシン―65,536台のプロセッサから構成される超並列コンピュータ
ダニエルヒリス,喜連川優
単行本/パーソナルメディア/1990-10発売
2006-07-31読み始め、読み終わった(2010年08月09日)

パワープレイ―気づかれずに相手を操る悪魔の心理術
内藤誼人
単行本/ソフトバンククリエイティブ/2002-12発売
2005-02-13読み始め、読み終わった(2010年08月09日)

自閉症感覚―かくれた能力を引きだす方法
テンプルグランディン
単行本/日本放送出版協会/2010-04発売
2010-08-05読み始め、読み終わった(2010年08月16日)|編集

ハローサマー、グッドバイ(河出文庫)
マイクル・コーニイ
文庫/河出書房新社/2008-07-04発売
2010-08-17読み始め、読み終わった(2010年08月25日)

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
藤谷治
単行本/ジャイブ/2008-10-01発売
2010-03-30読み始め、読み終わった(2010年08月31日)

パリ・ロンドン放浪記(岩波文庫)
ジョージ・オーウェル
文庫/岩波書店/1989-04発売
パリ編は面白いけれど、ロンドン編は少し面白さが地味,ジャックロンドンの奈落の人々への言及が一ヶ所あるのも興味深かった。この本は傑作、でも広く読まれる事はもう無いかな
2010-08-02読み始め、読み終わった(2010年09月01日)

船に乗れ!(2)独奏
藤谷治
単行本/ジャイブ/2009-07-02発売
語り手主人公が言う通り、書くのも読むのもキツい。
2010-03-30読み始め、読み終わった(2010年09月12日)

HeartBeat
芦原すなお,伊藤たかみ,小路幸也,楡井亜木子,花村萬月,藤谷治
単行本/ジャイブ/2008-10-29発売
再会を目当てに借りたけど、そして、それだけが異質(クラシック!他は全部ロック)だけれど、どれも読んで良かった。仕事は、好きなことか、得意なことを選べって、いい親父だ。
2010-04-13読み始め、読み終わった(2010年09月15日)

亜玖夢博士のマインドサイエンス入門
橘玲
単行本/文藝春秋/2010-03-26発売
2010-09-13読み始め、読み終わった(2010年09月25日)

もっとも美しい数学ゲーム理論
トム・ジーグフリード
単行本/文藝春秋/2008-02発売
2010-09-06読み始め、読み終わった(2010年10月05日)

子どもが発達障害?と思ったら
服巻智子
単行本/日本放送出版協会/2010-07-10発売
ざっくり知るには最適。ここから色々広がる良い本です。
2010-09-13読み始め、読み終わった(2010年10月05日)

マイナークラブハウスの恋わずらい―minorclubhouseSide-B(ポプラ文庫ピュアフル)
木地雅映子
文庫/ポプラ社/2010-09-07発売
2010-08-28読み始め、読み終わった(2010年10月08日)

天地明察
冲方丁
単行本/角川書店(角川グループパブリッシング)/2009-12-01発売
2010-07-12読み始め、読み終わった(2010年10月21日)

発達障害は治りますか?
神田橋條治
単行本/花風社/2010-05-25発売
発達障害者は発達すると言うのが神田橋先生の答え。この他にもうなづける事多々ある。とは言え、見ただけでなにをすべきかが判るのは、先生だけではないのだろうか。使える所は積極的に応用させていただきます。凡人は小石を一つずつ積んで誰でも登れる石段を作るしかないのだな。
2010-10-21読み始め、読み終わった(2010年10月26日)

現代思想2010年9月号 特集=現代数学の思考法 数学はいかにして世界を変えるか
小島寛之,砂田利一,深谷賢治,黒川信重,近藤和敬,原田雅樹
ムック/青土社/2010-08-27発売
2010-10-12読み始め、読み終わった(2010年10月31日)

天才ガロアの発想力 〜対称性と群が明かす方程式の秘密〜(tanQブックス)
小島寛之
単行本(ソフトカバー)/技術評論社/2010-08-21発売
2010-10-31読み始め、読み終わった(2010年11月06日)

父のトランク―ノーベル文学賞受賞講演
オルハン・パムク
単行本/藤原書店/2007-05-30発売
2010-10-12読み始め、読み終わった(2010年11月11日)

プロトコル(実業之日本社文庫)
平山瑞穂
文庫/実業之日本社/2010-10-05発売
アスペルガーを思わせる位融通のきかない主人公がゴタゴタに巻き込まれながらも、成長する。似たもの同士かどうか判断し辛いなぁ
2010-11-11読み始め、読み終わった(2010年11月15日)

リーコとオスカーともっと深い影
アンドレアスシュタインヘーフェル
単行本/岩波書店/2009-05発売
『深い知恵』が造語だったとは。ADHDと思われる少年の冒険
2010-10-09読み始め、読み終わった(2010年11月19日)

ほんものの魔法使
ポール・ギャリコ
単行本/大和書房/1985-04発売
2010-11-19読み始め、読み終わった(2010年11月25日)

人生の奇跡J・G・バラード自伝(キイ・ライブラリー)
J・G・バラード
単行本/東京創元社/2010-10-28発売
2010-11-24読み始め、読み終わった(2010年12月07日)

高機能自閉症児を育てる(小学館101新書)
高橋和子
新書/小学館/2010-06-01発売
良書。必勝法の本ではなく、奮闘記であり、工夫の記録。インリアルの実践は初めて理解出来たかも。自分たちのやっている事とそれ程の違いは無さそうだが、著者の勤勉は並外れている気がする。励まされた。
2010-12-01読み始め、読み終わった(2010年12月08日)

不思議島(創元推理文庫)
多島斗志之
文庫/東京創元社/2006-05-27発売
上手い。入れ子の作り方とか
2010-12-08読み始め、読み終わった(2010年12月14日)

海賊モア船長の憂鬱
多島斗志之
単行本/集英社/2005-10-26発売
続きが読みたい。無事戻って来てください。
やはり単行本用の改行であったか。文庫本がそのままなのは著者らしくない。
読み終わった(2010年12月22日)

|

« 日本と海外ではモノがひっくり返って見えるらしい | Main | 読了:スタニスラス ドゥアンヌ『数覚とは何か?―心が数を創り、操る仕組み』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

恩田 陸「六月の夜と昼のあわいに」
1/15、ジーン・ウルフ「ケルベロス第五の首」
1/20、仲邑 賢龍「発達障害の子どもの「ユニークさ」を伸ばすテクノロジー」
1/18、叶 泉「お稲荷さんが通る」
1/22、新井紀子「計算とは何か」
2/8、相沢沙呼「午前零時のサンドリヨン」
他にも漏れてるかも。

Posted by: 本人 | 2011.12.06 12:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010年の読了本の見直し:

« 日本と海外ではモノがひっくり返って見えるらしい | Main | 読了:スタニスラス ドゥアンヌ『数覚とは何か?―心が数を創り、操る仕組み』 »