« 読了:ブライアン・ヘイズ『ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方』 | Main | 挫折:ソーンダース マックレーン『数学 その形式と機能』 »

2011.04.15

読了:マイケル・ルイス『世紀の空売り』


マイケル・ルイス『世紀の空売り』


隻眼のファンドマネージャ、成人後診断のアスペルガーだが、もう一人も怪しい。
グッドフェローへのインタビューがある事から、著者の主題は、資本主義、市場主義における社会正義ではないかな。
ファンドの仕組みもよく判って、お薦めなのだが、如何せん、読んでから時間が経ってしまった。

|

« 読了:ブライアン・ヘイズ『ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方』 | Main | 挫折:ソーンダース マックレーン『数学 その形式と機能』 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本人」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読了:マイケル・ルイス『世紀の空売り』:

« 読了:ブライアン・ヘイズ『ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方』 | Main | 挫折:ソーンダース マックレーン『数学 その形式と機能』 »