« April 2012 | Main | November 2012 »

May 2012

2012.05.15

古い情報と思うけど、

田中宇のエッセイ(?)は何となく既知の情報に満ちていた。
北が与えようと思っている印象と実際のそれが逆になっているというのは、ウリハッキョでも経験済みと思う。
教会についても、李朝時代からの宣教師らの歴史が明らかになっていないので微妙だが、何かしら宣伝素材にしようとしてる風ではあるだろうか。

米中日会談を背景に、

大統領選挙を控えて米共和党「韓国戦術核を再配置」…中国牽制カード

て記事が出て、北の自業自得と南は言ったが、米政権内でも再配備は否定的だ。


韓国では、煽りとも言い切れない政治的なヤジが飛んでるようだ。

「統合進歩党のキム・ジョンホン氏は平壌で教育受けたスパイ」

そんな中で、どうしてか、今日また、
ジム・ロジャーズ氏「北朝鮮は魅力的な投資先」

発言は以前の内容で、東南アジアとして括った低賃金地域への投資、というものだ。
こういうのは、アジアマーケットといった場合に、香港市場を指す言葉であったりするくらいの発言ではないだろうかと思う。

あるいは、こうした大味なリップサービスを信じず、田中のエッセイも含め、投資と労働市場を子細に腑分けする必要があるかも知れない。
資本主義との対立というよりも、労働と対価、階級格差の問題でもあるから。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« April 2012 | Main | November 2012 »