« ジュディ ダットン『理系の子―高校生科学オリンピックの青春』 | Main | 読了:宮内 悠介『盤上の夜 (創元日本SF叢書)』 »

2012.11.20

「悪夢ちゃん」の感想

番組サイト
Wikipediaの項目
原案になった恩田陸の『夢違』とは、時代の他に、設定が違う点がある。
夢王子は置いておく。
夢違では人類全体の集合無意識への経路であった(そのために、大勢に影響のある大惨事がメイン)古藤結衣子が、TVでは身近な人間の無意識につながるだけでその未来の予知夢を見ることになっている。
このままの流れだと、初代夢見になるであろう、あやみ先生が明晰夢を見る能力者だとは入れ過ぎではないか。

|

« ジュディ ダットン『理系の子―高校生科学オリンピックの青春』 | Main | 読了:宮内 悠介『盤上の夜 (創元日本SF叢書)』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「悪夢ちゃん」の感想:

« ジュディ ダットン『理系の子―高校生科学オリンピックの青春』 | Main | 読了:宮内 悠介『盤上の夜 (創元日本SF叢書)』 »