育児

2009.02.19

読了『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい 』


綾屋 紗月, 熊谷 晋一郎『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい (シリーズ ケアをひらく)』

勝手に標語を付けると『研究者・支援者の大多数が定型発達者である歪な(非対称な)状況に、鮮やかなアッパーカットを放つ一冊』。

敢えて、不謹慎を承知で言わせてもらえば、『本当に面白い一冊!』。
自分が本を読む目的の1つに、『未知の世界を知りたい』という欲求があるが、すぐ身近に、とびっきりの、未知の世界があった事を、思い知らされた。

我々は、生まれ落ちた瞬間からその生涯にわたって、自分の体に、閉じ込められている。これだけが基準となって、世界を見て味わって触って、認識している。その内部を当然の如く一般化して、他者と交わっている。
それがどれだけ危うい事なのか。
著者の綾屋さん(成人後に発達障害と判定。熊谷さんは小児麻痺を持った共同研究者)は、それぞれの生まれついた条件で、この世界に取り組んだ結果を元に『当事者研究』の形で、その危うさを教えてくれる。
当事者研究とは、その名の通り、障害を負った当事者が、自分の体で確かめた知見に基づいた研究だ。個人の主観ではないのかって?そうかも知れないし、違うかも知れない。でも、ここに書かれた事は、著者にとっては、紛れも無い事実、世界認識なのだと私は信じる。
信じる理由は、首尾一貫しているから。
世間に流布する『もっともらしいお話』との違いは、この首尾一貫した内容にある。
また、そらパパの理論とも、ADHD等と関係でも、不整合を見出せない事も(自分的に納得する要素として)大きい。
2月19日に読み終えて、色々コピーを取ったりしたけど、まとまっていないので、このまま上げておく。

Continue reading "読了『発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい 』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.02.07

読了『音楽療法士のためのABA入門』


中山 晶世; 竹内 康二; 二俣 泉『音楽療法士のためのABA入門―発達障害児への応用行動分析学的アプローチ』

良い本だ。もっと早く読んでいれば良かったと思う。
音楽療法士の二人が、別々の道を通って、行動分析に出会い、行動分析家も音楽療法の有効性を認めた結果、この本になったのだと思う(そう書いてある)。

以下は、感想というより、ノートのようなまとめになってしまう。

Continue reading "読了『音楽療法士のためのABA入門』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.09.06

読了『発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)』


杉山 登志郎『発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)』

本来は、発達不調、発達失調と言うべきと言うのは、得心がいく。 虐待によるADHD様症状は、乖離や幻覚、ADHD類似等、悦楽の園の状態にそっくりだった(自閉と虐待の合併か)。これは、元々が、適切な療育治療で大幅に改善する症状なのだ。よく調べて書いてあった訳だ。 後は個人メモ。

Continue reading "読了『発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.30

読了『育てにくい子にはわけがある』

"育てにくい子にはわけがある―感覚統合が教えてくれたもの (子育てと健康シリーズ)" (木村 順)
熟練の作業療法士(OT)が、行った講演を元に、感覚統合について説明したもの。すとんと判る部分がある。でも、メモだけだな。

目次
1 「育てにくい」子どもたち(そういう子は昔からいた?「育てにくい」子どもたちの変遷 ほか)
2 感覚情報の交通整理(脳の栄養—感覚情報
感覚情報を「交通整理」する脳のはたらき ほか)
3 三つの「感覚」の統合とつまずき(子どもたちのよき「理解者」になるために、「触覚」のふたつの系統、原始系と識別系 ほか)
4 事例別アドバイス(落ち着きのないA君、ケンカがたえないB君 ほか)
5 教育・保育・療育現場の方々へ(育てる側の心構え、子どもの「自己有能感」を育てよう ほか)

Continue reading "読了『育てにくい子にはわけがある』"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.10

読了『はじめての応用行動分析 日本語版』


"はじめての応用行動分析 日本語版" (ポール・A. アルバート, アン・C. トルートマン)

図書館で借りた。1章は応用行動分析の概説。2章から6章までの前半は実験計画法の概要。よく書けている。後半がいよいよ行動分析の講習になる。そう、これはテキストブック、教科書なのだ。全般に目を配った良い教科書だ。結局、構造化って、色々出て来るね。 「応用行動分析」の事を、ABAと略すのは別の本で知った。 それと、Lifehacksや自己実現って、多くが、ABAを学べば、十分なんじゃないか(ABAからの借り物、二番煎じなのではないか)?

"自閉症児の心を育てる―その理解と療育" (石井 哲夫)
久しぶりに読み切れなかった。真摯な人なのだけれど、過去の言及が多い、今の自分には時間が足りない。

(以下、自分のメモもかねて、目次入りのかなりの長文)

Continue reading "読了『はじめての応用行動分析 日本語版』"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.07.19

これ凄い!

現代美術とは全く無関係なアートブックガイド(2)
記事を読んでガッカリしないでほしい。
大鉱脈を見つけておいて川底をさらいもしないで他所へ行ってしまう様な記事は。

プチグラと比べるのは自分としては反対だ。
見る目を養うなら、他にも同系統が存在する。

『MilK』サイトを直接見た方が驚きは大きい。
もちろん、こうした表現は以前からあった。それでも、
だからどうした!て、ぐらい面白い。

MilK

プチグラパブリッシング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.08

国際子ども図書館デジタルミュージアム絵本ギャラリー

国際子ども図書館デジタルミュージアム絵本ギャラリー
Flashだけど、江戸時代のやイギリスの絵本が見れる!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.01

ムーミン谷

ネタフル経由で知った。

あけぼの子どもの森のウェブサイト
ネタフルからGoogleMapsの地図

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.06.22

メルマガの紹介『子供の教科書 読んだことありますか?−小学校1年生』

●子供の教科書 読んだことありますか?−小学校1年生●
子供を持つ親のために、子供の教科書の内容についてメルマガで発行します。
対象は小学校1年生、週1回日曜日の発行です。
メルマガの内容をもとに、家族でコミュニケーションをとってみませんか?
登録はこちら

200人くらいしか、読者が居ないそうですが、何故でしょう?
確かに、引き込まれる面白さ、はありません。
でも、興味を引く題材だと思います。

興味が無いのは、大人にとっての、子どものポジションが不分明だからではないでしょうか。
既に、大人(本物は少ないのですけれど)だけの世界になっているのでしょうか。
子どもは大人にとって負担なだけなのでしょうか。
どうも、世間に何か勘違いがあるように思います。

子ども時代を持たない人は、いませんが、今でも、創造の源としての子どもと接点のある人はどんどん減っています。
そんな中で、子供達が今、何をどのように学んでいるのか、本当に気になります(0歳児の父ですから)。彼らには、我々皆の未来がかかっているのですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)