音楽

2010.12.30

落穂拾い:2010年に聞いたCDから

今年は環境の変化から音楽に没入することを恐れて集中力を欠いたため多くの発見は出来なかった。ただ記憶に残ったものをメモしておく。

前半はストラヴィンスキーの三大バレエと歌曲のスコアを入手し自宅にあるCDを洗い浚いおさらいした。歴史的には既に報告されているだろう自分なりの発見は別の機会にまとめよう。

MOUSSU T E LEI JOVENTS
PUTAN DE CANCON
アナログとパワフルなモダン楽器の融合
フランス語を歌うのは植民地出身だから

GHEORGHI ARNAOUDOV
THE WAY OF THE BIRDS
ブルガリア出身の作曲家によるサウンドエッセイ。録音が尻切れな感があるも気になる音楽だ。

JEAN DERBES orchestral works
DEUX NOCTURNES
ADAGIO
GENESE
PRAEMONITIO PASSIONIS
MANU TARA
トラック3までを聞くと以降が重複するように思えるが、使用技法もスタイルも変わらないのであって完成度は後半も同じ。気配が非常にうまい人だ。

SONGS OF YESTERDAY ・DAN LAURIN
カール・ドルメッチが1939-65年に委嘱初演した中から英国らしい典雅な雰囲気の作品を選んだ様子。
全音リコーダーピースのHERBERT MURRILLのソナタの演奏が聞きたかったので。奏者はバロック・ルネサンスの約束どおりアーティキュレーションの変更と装飾音を加えて演奏してる。

GORDON JACOB
CHAMBER MUSIC WITH RECORDER
これも同じく「組曲」が聞きたかったので。こちらは楽譜どおりの演奏で少し表情が硬い気がする。
それにしても英国風ユーモアなんだろう、せっかちだけど微笑ましい音楽だ。

NORDGREN TRANSIENT MOODS
意外な作品だ。ポーランドのキラールを思わせる、もちろん健全な響きが支配的で、そうした舞曲を懐かしむことで神話的な時代や先祖を思い出そうとするのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.27

Tilo Medek:チェロ協奏曲1番

独奏チェロによる小品がふたつ併録されたcpoリリースのアルバムで初めて知った作曲家だ。
意欲的なアヴァンギャルドな作風で全編に前世紀的な独特の緊張が漲る。
古典形式への挑戦だろう。
それはまさに遅れてやって来た者の姿だ。
表紙に掲げられた“青天の霹靂”と題された絵画は、「青騎士」を名乗ってカンディンスキーが追求した色彩の変換ででもあるかにのように、己を受容器とする姿勢があり、それでいて主張を隠さない。感性というのは受身に過ぎないが、芸術にはその先がある。それを求めようと言うのだ。
作曲家は果敢に挑戦した。前進しようとしたが昔日を懐かしむように聞こえてくるのは時代の方が先へ進んでいるからだろう。
こうして音楽はもはや時代を牽引しなくなった。流行の音楽はビートを強調して胎内回帰を目指す。日常から逃れるための音楽を消費する。

この作曲家は、こうしたことを指摘するように私にそう教えてくれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.10.09

CD試聴記

Esa-Pekka Salonen / Los Angeles Philharmonic Orchestra
CLAUDE DEBUSSY :
Nocturnes
La Damoiselle elue
Le Martyre de Saint Sebastien

LOS TANGUEROS
EMANUEL AX・Pblo ziegler

SONG TO MY LOVE
Bulgarian Songs and Dances for Solo Bassoon and Piano
MARIA JELEZTCHEVA WIDHABER
TANIA TACHKOVA

street songs
THE KING'S SINGERS AND EVELYN GLENNIE

Brooklyn Rider
Dominant Curve

Continue reading "CD試聴記"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.28

CD試聴記

多国籍/無国籍 音楽

KATE PRICE
the isle of dreaming
ジャケ買いの一枚。

Hive
Gamulan Madu Sari

TRIO TZANE
gaitani

MAYA BEISER PROVENANCE
Kayhan Kalhor I Was There
Djivan Gasparian Memories
Tamar Muskal Mar De Leche
Douglas J Cuomo Only Breath
Jimmy Page & Robert Plant
arr. Evan Ziporyn Kashmir
彼女の十八番、多重録音を駆使した多彩な演目。自家薬籠中の手慣れた技法には、かつての冒険は見当たらない。

MICHAEL NYMAN & MOTION TRIO

PHILIP GLASS
SONGS FROM LIQUID DAYS

DESTINATIONS
ORCHESTRAL WORKS FROM LATIN AMERICAN COMPOSERS
スティールドラムなどソロ楽器の音色が楽しいモラヴィア(ピアソラのみスロヴァキア)のオケによるラテン・プログラム。

サキソフォン四重奏
DEUTSCHER MUSIKWETTBEWERB・WINNER 2008
sonic.art Saxophonquartett

cool rhythm
clair-obscur

Siegfried Matthus : Phantastische Zaubertraume
Bob Mintzer : Rhythm of Americas

Continue reading "CD試聴記"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.07.27

Ravel, Piano concerto in G (L. Bernstein)

ピアノと指揮をやってる。
作曲家もこうしたかったのか。。。?

それにしてもバーンスタイン、年取り過ぎた、もっと若い頃のは無かったものか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.05.23

ドビュッシー再訪

Dover Publications,Inc.のソナタ集を入手したのでPHILIPS 442 655-2 DEBUSSY・CHAMBER MUSICを聞きなおして発見したのは、ギリシア・ローマ時代の文物への興味ではなかった。
作曲家の内包するリズム感、生涯求めていたものもそれに違いない。
精神世界の深化ということもあるだろう。
けれどそれは結果伴ったので目的ではない。
初期作品である弦楽四重奏曲はカノンやフーガというよりミニマル・ミュージックの萌芽としてのオスティナートだ。しかしそこにはヴァリアントの試みがある。
彼の転調しない音楽というのは、基音を据えることであって変化しないことではない。
ソナタを聞くに連れて彼のダンスを、空間を自在に泳ぐ作曲家の姿を思い浮べる。
日常を舞台へ持ち込んだようなパ(バレエのステップ)で空を切り、足をちょこまかさせる。ディオニソスか牧神か?分からないが彼は踊る、躍る、舞踏(おどる)。
空気か空間を切るようにして不思議な独特の呼吸でスイッチョ、スイッチョ。タタタタッ。
そして譜面の持つこの無愛想さ。ラヴェルの愛想の好さと比べてしまうと、以上のすべてを見失ってしまいそうだ。
(ストラヴィンスキーのスコア・エクリチュールと比べると、その個性は際立つ。)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.04.13

読了とかメモ

挑戦するピアニスト」以降、その前の分も含めて、読書感想も日記も書いていなかったので、読んだ本だけ、少し書く。
古い順に、去年年末からの分も、twitterのyonda4からメモると

Continue reading "読了とかメモ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.03.16

読了「挑戦するピアニスト-独学の流儀」


金子 一朗『挑戦するピアニスト 独学の流儀』

詳しい経歴は、アマゾンで確認してください。いわゆる、二足の草鞋を履いている人ですが、プロデビューが40過ぎ。どうやったのか?という興味で読み始めたが、ピアノ演奏のために、楽曲分析(アナリーゼ)を最重視して、ピアノに触れないで(触れる時間が無い!)練習する極意を解説。 その方法論が、面白い。 和声に基づいて、楽曲を分析、音形(パターン)を探し、楽曲の構造を読み取り(譜面から構造を再構成する)、合理的な運指を考える。 考えてみれば、当たり前だけれど、音楽理論とか全く知らなかったので、スゴく新鮮。 この本では、『何となく気持ちいい音』とかは有り得ない。すべて、ロジカルな説明がつくし、そのためにどう弾けば良いかを考察する。指の何処を鍵盤に当てるつもりで弾くとかまで考える。 問題に対して、その構造を分析して、問題そのものを解釈して、解決に導く。 これらが、素晴らしい演奏の陰で行なわれていること。 中々、知的好奇心を満たしてくれました。さすが、数学的。 ただ、ピアノが弾けないので、分析とかも、それ自体ではサッパリ分かりませんでしたが。

ピテナでの連載(今は休載中か)
ドビュッシー探求 | ピティナ・ピアノホームページ
ご本人のサイト

Continue reading "読了「挑戦するピアニスト-独学の流儀」"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2010.02.20

CD試聴紀

A.TANSMAN・Sonatines,Suites,Preludes
ARION ARN 55401

PHILIP CORNER
GONG(CYMBAL)/EAR IN THE DESERT
ついに一枚まるまるシンバルのアルバムを見付けた!
ジャケット裏にはこうある。
Phlip Coner with Korean sharman cymbals in the sand
Steve Peters lisner with microphone

Montsalvatge
VIATGE a la LLUNA & L'arca de Noe

MARIJ KOGOJ:La musica per violino e pianoforte

nils frahm
wintermusik

SALON BUENOS AIRES・MUSIC OF MIGUEL DEL AGUILA

Marc-Aandre DALBAVIE
par l'Orchestre Philhamonique de Mnte-Carlo

Continue reading "CD試聴紀"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.15

ケッタイなピアニストのブログから

松下眞一は、ときどき際物として紹介されてきた。
ちゃんと聞いたことがないのはそのせいだと思う。
リンク先記事の本文と写真は関係ないので、念のため。

松下眞一歿後20年追悼演奏会に寄せて
音楽評論家 白石知雄

数学者としての松下眞一
松井卓(九州大学数理学研究院教授)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧