経済・政治・国際

2012.05.15

古い情報と思うけど、

田中宇のエッセイ(?)は何となく既知の情報に満ちていた。
北が与えようと思っている印象と実際のそれが逆になっているというのは、ウリハッキョでも経験済みと思う。
教会についても、李朝時代からの宣教師らの歴史が明らかになっていないので微妙だが、何かしら宣伝素材にしようとしてる風ではあるだろうか。

米中日会談を背景に、

大統領選挙を控えて米共和党「韓国戦術核を再配置」…中国牽制カード

て記事が出て、北の自業自得と南は言ったが、米政権内でも再配備は否定的だ。


韓国では、煽りとも言い切れない政治的なヤジが飛んでるようだ。

「統合進歩党のキム・ジョンホン氏は平壌で教育受けたスパイ」

そんな中で、どうしてか、今日また、
ジム・ロジャーズ氏「北朝鮮は魅力的な投資先」

発言は以前の内容で、東南アジアとして括った低賃金地域への投資、というものだ。
こういうのは、アジアマーケットといった場合に、香港市場を指す言葉であったりするくらいの発言ではないだろうかと思う。

あるいは、こうした大味なリップサービスを信じず、田中のエッセイも含め、投資と労働市場を子細に腑分けする必要があるかも知れない。
資本主義との対立というよりも、労働と対価、階級格差の問題でもあるから。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2012.04.12

ぼやき

昨年まではスッゴい韓国が尻尾振ってて驚いた、おかげで、それが弾避けになって北が当たりくじを引いたみたいだ。

いつも日本が重要な要求をアメリカに迫られる時、北朝鮮からミサイルが飛んでくる不思議。
https://twitter.com/#!/FIFI_Egypt/status/189946965512028160

↑日本はもう重要ではなくなった、↓それで騒いで気を引こうとしてる、と。

野田首相の訪米は戦後最悪の対米従属訪米となるだろう
http://www.amakiblog.com/archives/2012/04/12/#002243

日本は、戦後の国作りを間違えたまま、掛け違えたボタンを直せずにきたため、政治家は天井人になったような勘違いをしてるンじゃないかと思う。

だから
安住財務相て、大王製紙のボンボンと変わらん気がする。
去年は勝手に為替介入するわ、今度は「年金債」なんて言ってるわ。自分らの共済も平たくして一元管理に移行したらどうだっての。

GKB47ってのも酷かった。出来レースだ。まず批判を浴びてシレッと正規版をリリースするなんて、自腹ならともかく、税金使うの誰に相談してるン、この人たち。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2012.03.01

通信を人質に

妨害電波やめるからカネを 北朝鮮 吉林省に38億円要求

おまけ:
伝説の投資家バフェットがスティーブ・ジョブスにした投資のアドバイスとは?

ところでAIJ問題って、米で州の年金基金が破綻したってのと同じだと思うんだが、対岸の火事は延焼しないと思ってたのね。

東芝子会社の女性社員、7億着服か…架空発注で
>調査理由が「架空発注は経費として認められない」って国税の言語能力どうなってんの。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.11.28

ジム・ロジャーズとか

日本株と円に強気、証券株なら野村より大和=ジム・ロジャーズ氏
>自分の商品扱ってるから?

中国、インド、ブラジル、金…。投資家ジム・ロジャーズが最も強気な投資先は?

『ジム・ロジャースが語る 世界経済と私の戦略』講演まとめ

ジム・ロジャーズ氏の本日の一言「日本株はここが買い場」

ジム・ロジャーズ「人民元こそ本当に強い通貨」

バフェットの手口に目が点になったわけ

儲かる銀行経営は借金にあり!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2011.08.03

グレーゾーンて奴

聞いた話だけど、
国境地帯の80余りの中州は、蒋介石ゲリラ殲滅のため北朝鮮領に組み込まれたそうで、威化島ってのは中国側と地続きになってるそうだ。
これが、丹東側から入れるので中国の経済地域とされてるらしい。
経済制裁されてるのに、トンネルだね。

「丹東 黄金坪 威化島」で、面倒なので画像をググるといくつか出てきた。

Continue reading "グレーゾーンて奴"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.04.15

読了:マイケル・ルイス『世紀の空売り』


マイケル・ルイス『世紀の空売り』

隻眼のファンドマネージャ、成人後診断のアスペルガーだが、もう一人も怪しい。 グッドフェローへのインタビューがある事から、著者の主題は、資本主義、市場主義における社会正義ではないかな。 ファンドの仕組みもよく判って、お薦めなのだが、如何せん、読んでから時間が経ってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.12.24

テキストがテキストを読む、は多様化するか

電子メール、存続の危機に~若者世代はテキストとチャッットへ移行

ツイッターを読むウォール街のコンピュータ~金融市場変動因子を自動分析

ウィキリークス閲覧しやすくするソフト、アップルが削除

============

東京の中小企業で働く人の、給与はいくら?

サラリーマンはどのように絶滅していくのか?

制限された情報から抽出された結果で、現実的ではないだろう。
公務員給与基準も同様だと聞けば、恣意的な任意の上位平均と推測される。
データ中央値を公表すべきでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.22

読書メモ:『秘密の国 オフショア市場』他

ウィリアム・ブリテェィン-キャトリン『秘密の国 オフショア市場』
著者はグランド・ケイマンに2003年5月にやってきて島の祭り見物がてら旅行者を装い島の歴史を振り返り、オンショア/オフショアの生態系を代表的な事例を交えて解説し、冒頭時刻へ戻ってゆく。花火を打ち上げて派手にバカ騒ぎをした後の虚しさしに取り残されて。
映画しか観てないがカール・セーガン「コスモス」のような記述になっている訳で、なかでもとりわけ第5章は執筆動機であるヴァルター・ベンヤミンのパサージュ論(アーケード論、日本のそれは何だろう)に基づき神話時代から現代までの人類を俯瞰する意欲的な哲学エッセイであり、歴史過程における知識と経験を即座に吸収して現時点を俯瞰するためのもので、金融スキーム解説の間に挟まれた間延びした間奏曲ではない。
だが残念なことに訳者らにベンヤミン読者はないらしく肝心な哲学部分が欠落した日本語記述となっているようだ。
また本文中の引用箇所についての指摘がないのも翻訳作業として精確を欠く。
間奏曲を補うためモフセン・マフマルバフ『アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ』袴田茂樹『沈みゆく大国』を併読した。
精神が成熟し醸し出した金融スキームであってみれば、スキーム自体を語ることにはさほどの意味は感じられなくなる。併読の前者は国際的な金融スキーム好きにも読んでもらいたい内容が彼らの望むとは逆方向から開設され、後者では民族性や宗教も交え、抽象概念と具象概念の受容について丁寧な考察が行われている。
なので、監訳者あとがきで、開発銀行経験者としての目撃談(無駄な投資や社会的サボタージュなど)が述べられるが、それが悪なのか正義なのか、それすらなかったように思え、正邪の判断に欠ける。
昨今、正義が白熱する教室があるそうだが、それは稀少価値に基づく憧れを表すのだろう。ならば正義に投機してみるがいい。
そうしたことから併読が必要なのは、訳者らに本書を読み込めていないと思えたからだが、実際に中学生レベルの日本語が並んでいるので下訳かと思えるのは、翻訳者の責任ではなく編集担当や出版社のレベルの問題であり、改訂版が出ていないのは現在も読み込めていない日本の現状を表明しているものと思える。
原題はOFFSHORE The Dark Side of the Global Economy
オフショア市場を地図で確認するほどの熱心な読者なら昨今のデフォルト騒ぎの舞台である国や地域が近似してることに気付いてるだろう。それを著者は既にプロテウスに準えダークサイドと呼んでいるのだ。
思えばルイジ・ノーノは晩年プロメテウスに関連して一連の作品を発表したがどれも静寂がテーマだったのは、プロテウスのアンチテーゼだったのかも知れない。聞こえないような微かな音に破滅の足音が潜んでいるというような、それを打ち消すための活動を促すようにタイトルを付けたのだろうか。
本書を読みながら脳裏にはティプトリーJr.の長編『輝くもの天より堕ち』が立ち上がっていた。
それはまた、歴史の輪(トーラス)を走り回るような感覚を伴い、ボーマン船長の孤独なジョギングを思わせた。

余談だが、
スターウォーズの神話構造に影響したジョゼフ・キャンベルを手狭な意見として手厳しく批判したカミール・パーリア『性のペルソナ』を読んでおくべきなのか。

ラビ・マービン トケイヤー『ユダヤ5000年の知恵』に島に寄港した乗客たちの振舞いを説く場面があった。どのタイミングで下船し島を愉しみ、戻ってくのか来ないのか。そうした選択肢を詳細に並べ投資リターンの様に論じていたように記憶する。
そうした目で見た場合、下記はどう見えるのだろう?
また、その場合に思い出されるのは、マッカーサーが言ったという「日本人は12歳」だ。これには前後の文脈があるとか、16歳を認めさせたとか、無数のウェブサイトが存在する。何に反論しているのか見定めるまでもないが、当人らには受け入れがたい真実が示されているのだろう。ありたい自分と現実の自分の乖離を受け入れることが出来ないからこそ、そう呼ばれたのかも知れない。現代語に訳すなら「日本人は中二病」だろう。これを「高二病」と言ったとて何の差異があるのやら。。。

租税条約に関するプレスリリース:財務省

沖縄をタックスヘイヴンに(2)

Continue reading "読書メモ:『秘密の国 オフショア市場』他"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2010.07.19

読書メモ

金井喜久子『ニライの歌』を手にして色々と歴史的な健忘症的事象を思い起こし、更に無知であった沖縄の出来事をいくつも知った。
それにしても読み進むほどに、沖縄と東京は異国と思えて来る。
(略)

山梨日日新聞社編『清里の父 ポール・ラッシュ伝』
聖公会や初期キリスト教の定義と意義、日本への関与、戦中戦後の活動と影響など、知れば知るほど興味深いのだが、まず個人として政治的にも宗教的にもイノセントだったのだと思える(ように記述されている)。
(略)

加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』
歴史は過ぎてみて歴史家が書き記すことで成立するという意見がある。一般に流通する情報が依拠するものであろう。
視点の設置が歴史解釈を識別するだろう。
(略)

グレアム・グリーン『ヒューマン・ファクター』
1970年代の終わりに発表された小説でありながら、現在も世界は中国とアフリカをめぐって英米が主役の座を捉えようと暗躍している様に変わりはない。
(略、続く)

Continue reading "読書メモ"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2010.06.30

これって、なんだろう。

まぁ今現在あまり深い考えは持っていない。
ネットで偶然見かけたのだから。
見出しをざっと見ると
(なんたって膨大な量がある上オタク向け編集されてるから読んではいない)、
恐らく米国側は太平洋戦争開戦当初の捕虜交換手順を踏襲したのだろうと思われる。

= 以下脱線 =
そうして当時の日米の行いをなぞって見れば、当然
財産などの収奪も同様に行われ、
朝鮮総連が自民党を通じて親日団体へと変貌を遂げたように思えてくる。

民主党は自民党政治からの脱却ではなく、古くなった政治家ら(の持つシガラミ)からの脱皮のはずだった。もちろん、総連もその範疇だ。上手く出来たかどうだかは、小泉と切れたことだけでもスッキリしたようにも見える。健全な国家予算は無理なようだが。。。


SCAPIN目次
「ここでは、SCAPIN(Supreme Command for Allied Powers Instruction
Note:連合軍最高司令部訓令)、大東亜戦争後、日本を占領統治したGHQが日本政府に対して発した指示について、朝鮮半島に関係ありそうなものを紹介してゆくわ」

戦後朝鮮人の送還について 1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧